スポンサード

部署の仕事

2015年05月21日

情報システム部 | ITに関する専門性と社内の業務プロセスに対する深い理解が求められます

情報システム部とは情シスなどとも略される、企業内部での情報システムを統括する部署になります。主に自社内のシステムの保守管理や開発お行う部署であるのがIT企業との違いとなります。

IT企業の場合、システム開発はそのまま顧客に対いて販売するサービスや製品を作っている事となるため、直接部門・間接分門の区分では直接部門に該当しますが、一般企業の情報システム部はあくまで社内の管理に資すのが目的となっているので間接部門なのです。

たとえば、発注管理システムや受注管理システムなど、自社内の仕事を進めるうえでは必須のシステムではありますが、そのまま他社に販売するようなものではないといったイメージととなります。

また、これらのシステムは自社開発するケースもありますが、IT企業から購入して導入するケースも多く、その王な場合は、システムの保守や運用が主な仕事となります。

  • 重宝されます
さて、この情報システム部の仕事は社内システムを一手に保守管理するという仕事になります。しかし、「一手に」という割には一般論として配置されている人員はそれほど手厚くないといわれています。

そのため、情報システム部の仕事をしている人は、社内で非常に頼りにされる傾向があります。そして、これが講じると「パソコンが止まったんだけど何とかしてほしい」といった単純なサポート業務まで行うこととなります。

  • サポートだけではありません
情報システム部はシステムの運用保守だけではなく、ときには大きな案件が任せられることがあります。それはITシステムの更新などです。このような業務は非常に影響が広範にわたり、関係各所の情報をヒアリングしたり、要件定義を行ったりします。

場合によっては、現状にシステムを合わせるのではなく、より効率的な業務プロセスの構築まで行うこともあるのです。(もっとも、こう言った場合、業務プロセスを変えたくない現場からの抵抗がつきものですが。)


このような業務を行うような場合、折衝能力や情報システムに関する知見、自社の業務プロセスについて詳しく知っている事など、かなり高い能力が求められます。

会社の部署



keieimanga at 18:18|PermalinkComments(0)

管理部 | 間接分野のよろづや的存在です。専門部署が設置されたら仕事を譲ります

管理部とは会社の業務にかかわる内容を管理する部署のことです。総務部人事部経理部がを組織上おいていないような会社では、この管理部がそれらの仕事を実施します。(管理部の下に総務課、人事課、経理課といった部署を置く場合もあります。)

このような場合、管理部は間接部門を取り仕切るといった業務が割り当てられるので非常に広範な仕事範囲となります。

言い換えると、お客さんに売りに行く、売り物を作る以外のことは全部やるといった仕事の割り振りになるのですね。

  • このような部署なので
と、このように管理部が設置されるような場合、企業の間接業務を取り仕切るといった位置づけとなります。

ただし、「うちの会社は法務関係が非常に重要であるから、総務部は別に置こう」とか「人材の育成はうちの会社の生命線だから、別に人事部を設置しよう」などと、間接部門の仕事を行う特別な部署を設置するケースもあります。

その場合、管理部は新たに設置された専業の部門にその仕事は譲ることとなります。

  • ○○管理部
なお、このような一般的な管理部ではなく、営業管理部とか製造管理部といった風に○○管理部といった名前がつく部署が設けられるケースもあります。

このような場合、営業とか製造業務にかかる管理業務を行う部署となります。

会社の部署


keieimanga at 08:01|PermalinkComments(0)

2015年05月19日

企画部 | クリエイティブといったキーワードより地に足の着いた幅広い能力が求められます

企画部とは、企業の根幹にかかわる内容について計画・企画する部署です。現場の情報や、管理側の情報が集まってきて、それを元に会社の向かう方向を決める部署。とこんな風に書くと、なんだか大きな事ができそうな感じがしますよね?

ただ、計画を立てるだけ、実行するのは現場のみんなみたいな気軽なポジションではなく、計画を立てるに当たっても、関係各所の利害の調整、折衝を行わなければなりません。

管理会計が得意ですとか、勉強をしてMBAを取りましたといった直接的なスキルだけではなく、交渉力や折衝力、妥協点を探る力などといった、どの部署であっても必要となるような基本的な人間関係力が必要となる部署です。
  • クリエイティブって
と、ここまでの説明で「あれ?企画っていうからいわゆるクリエイティブな人ってイメージだったんだけど。なんかちょっと違うような…」といった風に思われる方もいるかもしれません。

独創的とかユニークな発想を持っている。といった意味のクリエイティブな人がこのような企画部に求められているかと言えば必ずしもそのようには言えません。

企画という言葉の響きから、「クリエイティブな人材が求められるのだろう」といったイメージを持ちがちですが、実際には、現場の事も知っており、更にビジネス上の理論にも精通した地に足の着いた人材が求められます。

もちろん、クリエイティブな人が地に足がついていないというつもりはないですが、どんなにすぐれた内容であっても実行されなければまさに絵に描いた餅なので、実行されるように上手く折衝する。そして上手く折衝するためには相手の事を知っているといった強みと、理屈を知っている事、人間関係力といった事が望まれるのです。

会社の部署 

keieimanga at 06:26|PermalinkComments(0)