スポンサード

起業

2015年05月21日

情報システム部 | ITに関する専門性と社内の業務プロセスに対する深い理解が求められます

情報システム部とは情シスなどとも略される、企業内部での情報システムを統括する部署になります。主に自社内のシステムの保守管理や開発お行う部署であるのがIT企業との違いとなります。

IT企業の場合、システム開発はそのまま顧客に対いて販売するサービスや製品を作っている事となるため、直接部門・間接分門の区分では直接部門に該当しますが、一般企業の情報システム部はあくまで社内の管理に資すのが目的となっているので間接部門なのです。

たとえば、発注管理システムや受注管理システムなど、自社内の仕事を進めるうえでは必須のシステムではありますが、そのまま他社に販売するようなものではないといったイメージととなります。

また、これらのシステムは自社開発するケースもありますが、IT企業から購入して導入するケースも多く、その王な場合は、システムの保守や運用が主な仕事となります。

  • 重宝されます
さて、この情報システム部の仕事は社内システムを一手に保守管理するという仕事になります。しかし、「一手に」という割には一般論として配置されている人員はそれほど手厚くないといわれています。

そのため、情報システム部の仕事をしている人は、社内で非常に頼りにされる傾向があります。そして、これが講じると「パソコンが止まったんだけど何とかしてほしい」といった単純なサポート業務まで行うこととなります。

  • サポートだけではありません
情報システム部はシステムの運用保守だけではなく、ときには大きな案件が任せられることがあります。それはITシステムの更新などです。このような業務は非常に影響が広範にわたり、関係各所の情報をヒアリングしたり、要件定義を行ったりします。

場合によっては、現状にシステムを合わせるのではなく、より効率的な業務プロセスの構築まで行うこともあるのです。(もっとも、こう言った場合、業務プロセスを変えたくない現場からの抵抗がつきものですが。)


このような業務を行うような場合、折衝能力や情報システムに関する知見、自社の業務プロセスについて詳しく知っている事など、かなり高い能力が求められます。

会社の部署



keieimanga at 18:18|PermalinkComments(0)