スポンサード

職位

2015年03月23日

昇進 | 職位が上がる事、いわゆる出世のイメージですが軽く扱うと痛い目に遭います

昇進とは、いわゆる出世と呼ばれる言葉で表されるような状況を指し示すものです。出世。課長さんが部長さんになるといったイメージで、権限やコントロールする組織が大きくなるといったモノとなります。

このように、昇進とはある意味、非常に分かりやすい言葉です。一般職員が主任になり、係長になり、その後課長や部長になっていく。

出世街道といった言葉もあるように、昇進を繰り返す事により、より大きな権限と(責任と)を獲得していく(負っていく)というモノになります。
  • 会社には役職以外の切り口もあります
さて、このような説明を行うと、「あれ、似た言葉があったよね…」といった風に思われる人も多いと思います。『昇格』といった言葉ですね。

こちらは、職能資格が上昇する事を指す言葉になります。職能資格とは、その人が持っている(であろう)能力を表すための尺度で、これが参事さんや7級職、6級職、S職とかだったら部長相当の仕事ができる(であろう)とされるようなものです。

もっとも、年功序列の色合いが濃い組織は、昇進はポストが空かないとさせられませんが、昇格についてはある程度自由にできるので、どんどん昇格させて、社内には部長級の仕事ができる(であろう)人が平社員として沢山いるといった事も起こりえます。
  • 昇進は安易にさせると大変です
ココからは、会社の中の人向けに少し補足を書きます。(昇進させられる側の人にも参考になるハズですが…)

さて、職能資格の昇格の場合、「年功序列的に偉い人が多くなる事がある」と書きましたが、職位が上昇する昇進の方にはそのようには書きませんでした。

というのは、責任と権限は一致する必要があるという組織論の大前提があります。

この事を無視して、必要がないにもかかわらず「○○さんはもう大ベテランだから部長ぐらいにはしてあげないとね…」といった組織運営と関係ない判断で部長職を新設するために、新たな『部』を新設したりすると現場が大混乱に陥る可能性があるのです。

また、ある人を部長にする必要があるといった事情のみで、今まで経理畑でやっていた人を、営業部長に据えるといった経験を無視した人事も望ましくありません。

このように、昇進は昇進対象者の都合とはあまり関係なく、ある程度は組織の都合で取り扱った方が良いのです。

(後から、あれは間違いだった…などと考えても、昇進させた人を降格させるのはとても難しくなりますので、組織上おかしな人事をすると後々まで響いてしまうのです。)

人事で言われる言葉あれこれ

keieimanga at 21:42|PermalinkComments(0)