スポンサード

営業

2015年09月15日

組織長が変更になった場合のご案内 | 異動シーズンにはあいさつ回りがつきものです

組織長が変更になった場合には、組織同士のお付き合いであるのならば、組織として挨拶を実施しないといけません。

これは、トップ同士の面識を円滑に持てれば、通常の営業業務も有利になります。これは、仮に営業的に金銭が絡まない場合であろうと同じです。

そのため、自社側の組織の責任者が異動になったような場合では(部長さんや担当取締役など、直接現場には出ないが、現場にも影響がある人)しっかりと取引先への連絡を行う必要があります。

この時、はがきでごあいさつするか、文書でご挨拶をするか、もしくは直接新責任者と旧責任者があいさつに伺うかといった形で対応を分けていく必要があります。

(全取引先にあいさつに伺えれば理想ですが、ちょっと大きめの会社になってくると、もちろんそのような対応をすることは事実上不可能です。)
  • 顧客の管理
このような際に役立つのは普段からの顧客名簿管理となります。この顧客名簿の管理を適切に行っていれば、お客様のランク付けを行う事も可能となるでしょうし、「Aというランクのお客様には実際の訪問を、Bというランクのお客様へは…」といった形で、責任者が対応する前の段階である程度の対応分けをすることができます。

そのうえで、責任者がその資料を確認し「この会社は、ランク的にはBになるけど、自社との関係性が深いからAランクと同じ対応を…」といった形で、顧客名簿だけでは表せない情報を追加して対応することとなります。

また、このような管理を日常として実施すれば、慶弔のお付き合いにも備えた管理ができるのですね。

大切な会社のお付き合い


keieimanga at 06:21|PermalinkComments(0)

2015年05月07日

営業部 | あなたがいないと会社は回りません

営業部。あえてオーバーに記述すれば、会社の中の最重要部署。会社の推進力を生み出すエンジン、動力源となります。

会社のすべての業務は営業部が製品やサービスを販売するために行われている。つまり営業部が仕事をできるようになるために、経理部であったり、製造部、人事部が仕事をしているといった風にも考えられます。

と、このように書くと「確かに重要なのはわかるけど、それは言い過ぎじゃないの?」といった声が聞こえてくるかもしれません。しかし、決して言い過ぎではないと本サイトは考えます。
  • 売上がないと
というのは、経理部等が無くとも現在ではその仕事をアウトソーシングすることもできますし、ファブレスと言って、工場を持たずに製造業を行ったりすることも可能です。

しかし、こういった業務はすべて営業部が売り上げを作っているからできる事であって、売上がない状態ではなかなか難しいのです。

(もちろん営業代行といったサービスもありますが、すべてをこのようなサービスに頼るのは難しくなります)
  • 売るだけではありません
さて、今日の営業活動では営業部は単に売ってくるだけといった仕事をするわけではありません。(というか、単にモノやサービスを売って来ると考えてもなかなか売れません)

そのため、自社の製品やサービスを販売するために、『それがどうして取引先に役立つのか?』であったり、『取引先が何に悩んでいて、自社はどのように貢献できるのか?』について提案することが求められるのです。

そのうえ、取引先の担当者と仲良くなったり、対外的に会社の顔としての役割も果たすことが求められます。

さらに、既に自社と取引がある顧客との関係性を維持強化するための活動や、ある程度顧客の要望を自社の製造部等に解釈して伝えるといった通訳的な仕事もしなければなりません。

このように、『営業』というと売ってくる人といったイメージが強いかもしれませんが、本来は売るための努力をする人といった位置づけになるのです。

会社の部署 

keieimanga at 06:15|PermalinkComments(0)