スポンサード

印紙

2015年02月15日

消印 | 印鑑をおして印紙を再利用できなくします

消印とは、収入印紙を書類に貼付した後、書類と収入印紙の間に(またがって)押印することを言います。

このように印紙に押印がなされる事によって、印紙を再使用できなくなり、納税した事となる為、消印と言います。

厳密にはどのような印鑑で消印をしても良いのですが、契約書を作成したような場合では、その契約書等に使った印鑑で消印をすることが多くあります。

また、この消印は誰の印鑑でも、どの印鑑良いとされており、書類を作成した人の認印であれ、代表者が代表者印であれ、はたまた単なる従業員の認印でも大丈夫です。

さらに、消印と言いつつも、署名でもよいとされているので、誰かがサインしたというモノであっても消印として認められます。要は、印紙が再利用できない状態になればよいのですね。

なお、印紙が貼られていなくとも書類自体の効力には変わりはありません。(単に税金を払っていないだけなので、後で余計に税金を取られます。)

会社の印鑑あれこれ 


keieimanga at 20:45|PermalinkComments(0)