スポンサード

会社

2015年09月09日

取引先の社屋新築祝い | おめでたい席に積極的に参加する習慣があると有利です

取引先の社屋新築祝いの場合、取引先の引っ越し祝い時の対応よりも注意が必要になります。取引先の引っ越し祝いの場合、取引先は、単純に社屋を移動したといった位置づけになる場合もありますが、社屋の新築祝いの場合には、それこそ会社が明確な意思を持って建物を建てたわけですから、重みが違うのです。

例えば、友人が引っ越しをした場合と、住宅を建てた場合ではお祝いをするにしても重みが変わってきますよね。

同様に、建物を建てるという事に価値を置いている人はこの国では多いので、それなりの対応をした方が無難というわけです。
  • 対応は組織として
さて、このようなお祝いの席ですので、取引先が社屋を建てるとの情報を入手した際には組織としてどのような対応を実施するかを検討する必要があります。

間違っても、「あそこの取引先は、個人的にお得意様だから会社には特に報告をせずに、お祝いを持っていこう」などといった判断をするのではなく、しかるべき上長に報告を行い、会社として意思決定を行う必要があります。

会社として判断を行った結果あなたが会社の代表としてお祝いに駆けつけるといった形なら、全く問題ありませんし、先方も、会社としてお祝いをしてくれたと感謝してくれるはずです。

この辺は会社の総務部さんが詳しいと思われます。
  • 従業員個人にとっても
さて、このようお祝いの席では、場合によっては沢山の人数が出席したという『数』が重視されるケースもあります。

このような場合、直接の営業担当者さん以外にも、事務員さんであろうが、作業員さんであろうが、職種を問わず多数の人が出席したという実績の為に駆り出されるケースがあります。

このような場合、たまたま残業で会社に残っている人を皆駆り出すといった事が行われるのです。

ふらっと、役員さんが仕事場にやってきて、新築祝いという名の飲み会に顔だけ出して欲しいと言われるようなイメージです。

そのような席ではおめでたい空気が支配していますので、従業員さん個人にとっても、普段はなかなか接することが少ないような方とも仲良くなれるチャンスです。

例えば、取引先の役員の息子さんと名刺交換をした後にお互い雑談をするといったケースです。営業担当者の方なら面識があるのかも知れませんが、普段は外にあまり出ないような人であっても、動員されたのであれば大手を振って名刺交換できるというものです。

そして、人と人のつながりですから、場合によっては趣味が同じだということがわかり、個人的に一緒に出掛けるような事にもなるかもしれません。

もっとも、そういった事があったとしても、会社の業績に変動があるとは限りませんが、取引先としてお声を掛けていただくことは増えるかもしれません。

もちろん同業他社との競争などもあるので一概に、自社に有利になっているのか、不利になっているのかは判断できませんが、機会を貰えるという事はマイナスではないと考えられます。

また、そういった関係があれば、その取引先の別の担当者さんからも、親しげに言葉を掛けて貰えるようになるかもしれませんよ。(会社員には配置転換などの異動がつきものですから色々なところに知り合いがいると良いと思われます。)

もちろん個人的にも新たな知人が増える事はプラスですので、会社のお付き合いというと嫌がる人も多いですが、機会があれば参加してみることは良い事だと思われます。

大切な会社のお付き合い


keieimanga at 15:46|PermalinkComments(0)

2015年05月28日

CHO | 人に関することの最高責任者です

CHOとはChief Human Officer(チーフヒューマンオフィサー)の頭文字を取った役職で、最高人事責任者など言われる言葉です。

と、このように書くと「あれ?人事部長っていう役職があったよね?」と思う方もいると思います。確かに人事部長という役職もありますが、このCHOは人事部長よりも上位の役職であると解されるのです。
  • 人事部長対CHO
例えば、人事部長は人事部の部長です。そして、人事部は(実体としては権限を持っていますが)あくまで会社の一部署であり、他の部署への遠慮も出てきます。

営業部経理部の部長と人事部長は(一応は)同格であり、経営上望ましい判断であるとしても、それらの部署のエース級の社員を人事異動させる事はなかなか難しいのです。

しかしながら、CHOはいわば役員級に位置づけられており、企業の中の一部署ではなく、企業全体を良くするために人的資源をどのように活用するかについての戦略を実施していく事が求められる役職となります。

そのため、「○○という部署に行ったら、その後は一旦出向し、その上で本社に管理職して戻ってくるんだよ」などといった不文律にとらわれずに、経営戦略に従って、必要である部署に必要な人材を配置するといった人事を行う必要がCHOには求められます。
  • と言っても
とはいえ、CHOはそれほど浸透している役職ではありません。また、そういった役職を置く法律上の根拠もありません。

また、人事部長が、上で述べたような企業戦略を元にして人事を司っているようなケースも多いため、わが国ではそれほど定着している肩書ではありません。

外来語の肩書

keieimanga at 07:56|PermalinkComments(0)

2015年05月25日

物流部 | モノが必要な所に、必要な時、必要な分だけ届く事はとても大切です

物流部とは、社内外の物流を一手に管理する部署となります。会社のモノの流れである物流の体制を構築したり、管理するといった役割を負うのです。

と、物流ですから、営業部とか販売部のように直接的な売り上げを上げるわけではありません。そのため、いかに効率よく必要なものを必要なところへ必要な時期に届けるかが仕事の中心となるのです。

どのようなルートで配送したら効率的か、どのように自社内の倉庫を組み合わせて活用するか。物流関係の費用をどうやって削減するかについて考えていく必要があるのです。
  • 倉庫業務も
さて、 このようなモノの流れに関する業務を実施する部署であるため、倉庫内の業務を任せられることもあります。倉庫内を管理する際には、在庫の水準を必要最小限に保つといった事が重要となります。

というのは、在庫は持っているだけで様々なコストが発生するからです。「在庫があるだけでコスト?」などと思われる方もいるかもしれませんので補足しますが、例えば、不要な在庫があるに別の倉庫を借りなければならないとなったらその分のコストが発生しますよね?

また、倉庫内にモノが多ければその分モノを管理するためのコストが発生します。更に、その在庫品を購入したときにはお金がかかっている訳で、その分のお金の調達コスト(借入金利や資本コストとして株主に支払う配当金)がかかっています。

とはいえ、やみくもに在庫の水準を減らそうと考えれば、欠品していて売り逃しをしてしまうリスクが高まります。

このように、物流部はちょうどいい在庫の水準を管理し、会社全体の物流コストを最適化するといった非常に重要な役割を担っているのです。

会社の部署

keieimanga at 06:22|PermalinkComments(0)

2015年05月21日

管理部 | 間接分野のよろづや的存在です。専門部署が設置されたら仕事を譲ります

管理部とは会社の業務にかかわる内容を管理する部署のことです。総務部人事部経理部がを組織上おいていないような会社では、この管理部がそれらの仕事を実施します。(管理部の下に総務課、人事課、経理課といった部署を置く場合もあります。)

このような場合、管理部は間接部門を取り仕切るといった業務が割り当てられるので非常に広範な仕事範囲となります。

言い換えると、お客さんに売りに行く、売り物を作る以外のことは全部やるといった仕事の割り振りになるのですね。

  • このような部署なので
と、このように管理部が設置されるような場合、企業の間接業務を取り仕切るといった位置づけとなります。

ただし、「うちの会社は法務関係が非常に重要であるから、総務部は別に置こう」とか「人材の育成はうちの会社の生命線だから、別に人事部を設置しよう」などと、間接部門の仕事を行う特別な部署を設置するケースもあります。

その場合、管理部は新たに設置された専業の部門にその仕事は譲ることとなります。

  • ○○管理部
なお、このような一般的な管理部ではなく、営業管理部とか製造管理部といった風に○○管理部といった名前がつく部署が設けられるケースもあります。

このような場合、営業とか製造業務にかかる管理業務を行う部署となります。

会社の部署


keieimanga at 08:01|PermalinkComments(0)

2015年05月20日

業務部 | 橋渡しや大切な資料の提供など、プロの裏方です

業務部とは、会社内での部署間の橋渡しや同業他社との橋渡し役等を行う部署になります。と、イマイチ歯切れの悪い説明ですね。というのは、企業によってこの業務部に割り当てられる仕事が変わってくるからです。

例えば、業務部の下に経理課や人事課を持っている組織や(この場合、経理部人事部の仕事が発生します)業務部の下に総務課、顧客管理課、販売促進課といった部署を持っている場合もあります。

このように、業務部は企業によってかなり大きく仕事の内容が変わってくるような部署という事ができます。
  • とはいえ
とはいってもある程度は類似点を拾う事も可能となります。というのは、業務部はさすがに製造や販売といった事を直接手掛けるのではなく、その間を取り持ち、販売動向を製造部署に伝えたり、製造部署や販売部署が仕事をしやすくなるように、計数管理を実施したりします。

こういった意味では、いわゆる間接部門の仕事をする部署であるという事は言えるのです。そして、間接分野の仕事は多岐にわたるので既存の組織がカバーしていない領域を積極的に担うような部署であるという事もできます。

なんだか、『その他』の仕事といったイメージですね。しかし、企業運営上『その他』の仕事は非常に広範であり、定型処理をひたすら実施するような場合は代替可能な労働力でしかありませんが、例外処理を実施することができる人は、その人がいないと困るといったポジションを組織内で築くことが可能となってきます。

もちろん、いつまでもその業務をブラックボックス化しているのは望ましくないので、組織内での情報共有は適宜行うべきですが、定期的にその人がいないと困るといった業務を獲得できるというのは部署の強みという事ができます。

会社の部署


keieimanga at 06:19|PermalinkComments(0)