スポンサード

フロー

2016年04月14日

フロー | 同じフローという言葉でも意識が高くなった人が使うと一味違います

フローという言葉は、カタカナ用語界隈では多義語なので注意が必要です。

本記事では意識が高くなった人が使う意味のフローについて書いていきます。
  • フローに
「フローに入る」といった言葉を使う人がいます。 このような言葉遣いをする人は、意識が高い人である可能性がとても高いですから、そういう人なんだと思って接したほうが良いでしょう。

というのは、フローは一般的にはフロー図とか、キャッシュフローといった風に、単に『流れ』 といった意味合いで使われることが多い言葉です。

しかし、「フローに入る」といった言葉の使い方は、そのような意味合いではなく、心理的な用語として使われています。
  • フローとは
このような心理的な用語として使われるフローという言葉は、完全に今やっていることに集中できているような状態を指し示す言葉です。

例えば、寝食を忘れて仕事に没頭したとかそんな状況を示す言葉なのです。

ただ、普通に生活していればそんな精神状態を意識したりしないものです。そう考えると、フローに入るといった言葉を使う人は、何かに没頭するような精神状態を求めているということもでき、その意味で意識が高いということができるのです。

(同僚が、この心理的な状態を示す意味でフローと使うのを聞いたことがあるのならば、もしかしたらあなたの職場は意識高い系の職場なのかもしれませんね。)

カタカナ用語大全

 


keieimanga at 21:21|PermalinkComments(0)

フロー | あまり意識の高い系でない人が使う場合

フローという言葉は、カタカナ用語界隈では多義語なので注意が必要です。

(こちらの記事では、バリバリに意識が高い系ではない、ちょっと意識している系の人が使うフローの意味を解説します。)

この、あまり意識が高い系ではない人が使うフローという言葉は『流れ』といった意味になります。

業務フローとかいうケースでは、業務の流れ、キャッシュフローといった場合は、お金の流れといった意味になります。

この意味のフローは一般的に使われることもありますので、『フロー』といわれてもそこまで戸惑わずに済むかもしれませんね。

ただし、あなたがこの言葉を使うときはちょっと注意が必要です。

というのは、完全に意識が高い系の業界ではフローといった言葉は違う意味になりますし、カタカナ用語を使いたくないと思っている人が多い業界では、あえて」カタカナを使わないほうが望ましいですから。

そういった面で、このフローといった言葉は少し使い方に注意が必要な言葉なのです。

カタカナ用語大全
 

keieimanga at 21:06|PermalinkComments(0)