スポンサード

ビジネス

2015年07月26日

リスケ | 相手がリスケと切り出して来たら大抵は延期の要請です

リスケとはリスケジューリングの略で一般の会社の場合は、納期の変更(ほとんどの場合延長)や再度予定を組みなおす(ほとんどの場合延期)を示す言葉です。

但し、金融関係の会社や業績が極端によろしくない会社では、リスケは債務整理(つまり、債権放棄等)は行わないにしても、返済スケジュールを組みなおす(つまり当初の約束通りには支払わない)といった事を指す言葉です。

それなので、金融機関の担当者に、面談お約束を変更するといった意図で「リスケ」というと、少し嫌な顔をされるかもしれません。

さて、リスケといった言葉には、スケジュールの組み直しなので、当然、前倒しするといったケースも考えられます。

しかし、リスケという場合、殆どの場合はスケジュールの延期を指し、前倒しするような場合には日本語で「あの件ですが、進捗が順調なのでスケジュールは前倒しできると思います。」といった風に言われます。

カタカナ用語が少し言いにくい事を、やんわりと言い換えているような雰囲気を示す事例ですね。

カタカナ用語大全

keieimanga at 07:25|PermalinkComments(0)

2015年06月07日

インセンティブ | 成果主義といった事を掲げる人がいるとセットで議論されるケースが多いです

インセンティブとは誘因の事を指す言葉です。『誘因』なんだか難しげな言葉が出てきましたね。これではワザワザ日本語で言うのではなくインセンティブと用いる人が多いのもなんとなく理解できるかもしれません。

しかし、この『誘因』という言葉もそんなに難しい考え方ではなく、「何らかの刺激を与えてやる気を出させるコト・モノ。」位の意味合いです。簡単に言うと、飴と鞭の飴の方を指す言葉なのですね。

さて、このインセンティブといった言葉はあちこちで使われています。例えば、「頑張ったらインセンティブを出すよ」(この場合のインセンティブとは何らかの金銭的な報酬を示唆しています)とか、「顧客に対してインセンティブを用意したから頑張って販売促進してくれたまえ」(この場合のインセンティブは、販売奨励金とか値引きが該当します)といった風に使われます。

斜に構えた言い方をすれば、「頑張ったら(主に)金銭的な報酬をあげるからヨロシクね」といったイメージなのです。

そのような意味合いの言葉なので、インセンティブといった言葉の方が露骨でないので好まれるのかもしれませんね。
  • 長期的なインセンティブとは
さて、このような文脈では「インセンティブとは短期的目的達成に対する刺激を表す使われ方をするのかな?」
と受け取る人もいると思います。

しかし、インセンティブといった言葉自体には期間の長短を表すニュアンスは込められてはおらず、長期的なインセンティブとして企業が上場した際に莫大な利益を得られるであろうストックオプション(株式を一定金額で購入する権利)を与えるといった事が行われています。

(まあ、これは優秀な人材に比較的低額な賃金、あまり望ましくない待遇で働いてもらう為に出世払い的な約束をするといった意味合いですが)

カタカナ用語大全

keieimanga at 20:47|PermalinkComments(0)

オファー | 何故わざわざオファーと言うか疑問に感じたことがないですか?

オファーとは申し込み、提案などを示す言葉です。単語的にはofferという単語になります。「オファーが来た」とか「オファーする」といった風に使われることを聞いたことがあるかもしれませんね。

もともとは、申し込みといった意味合いを示す言葉で、一定の条件を定めたうえで相手に申し込むといった形で使われていました。

たとえば、「○○がほしいから10万円で○△工場へ配送をお願いします」といった申し込みを行うことをオファーというのです。

文字通り、申し込みですね。

ここから、FXなどの金融商品の取引で売り方が提示してくる売値といった意味でつかわれたり、転職業界では、採用した場合の雇用条件(年収や待遇、勤務地)などを示す言葉となっています。

また、アフィリエイト業界では「無料オファーアフィリエイト」などと呼ばれ、「お得(と思われるような)な情報を提示し、それを読むためにはメールアドレスの入力が必要です。」などといったメッセージを見込み顧客に送付し、メールアドレスを集めるといったモノです。

このように、『申し込み』、『提案』といった言葉を様々な条件に当てはめて使用される言葉なのですね。

その為、オファーなどと言わずに、文脈に合わせて『提案する』とか『条件を提示する』といった風に言い換えることが可能です。

みなさまの所属している組織の文化にもよりますが、あまりカタカナ用語を使わないような文化の組織ならば言い換えておいた方が無難ですね。

カタカナ用語大全 

keieimanga at 11:43|PermalinkComments(0)