スポンサード

お付き合い

2015年09月25日

取引先社内行事に対する寸志 | 目的のあるお付き合いならば投資として考えることが可能です

取引先社内行事に対して寸志をといった対応をする場合があります。というのは、事業を運営していると、非常に多岐にわたる取引先が存在していきます。「仕入先は○○社と、○△社。販売先は…」といった感じです。

そして、取引先会社が催す行事は年間にするとかなりの数に上ります。場合によっては運動会や家族を招いての懇親会には招待されることもあるのです。(業界によってはこのようなイベントが好きな業界もありますからね。)
 
但し、もちろん、この取引先全てと均等にお付き合いすることはできません。このような際には、ある程度、対応を決めて運用しないと会社自体が回らなくなってしまいます。
  • 人員を出す場合
例えば、運動会などの人員を要する場合には、手伝いや選手としてエントリーする為に先方が望む人数を揃えて派遣します。(お付き合いもお仕事のうちですからね…)
 
こういう類の行事は、年に一度の恒例行事なので派遣されるほうも気兼ねなく、楽しむための休日出勤対応となるケースが多いのです。(もちろん休日出勤ですから代休対応や割増賃金など、法的に求められる対応は実施します。誰ですか?「サービス残業で…」なんて言う社長さんは。それは単なる違法労働ですよ。)

その場合、一番つながりの強い部署から積極的に派遣され、その部署の交際費として5,000円ほど寸志として持参します。(仕入先なら購買部、販売先なら営業部といったイメージですね。もちろん、万能説がささやかれている総務部が助っ人として出ていく場合もあります。)
  • 人員を出さない場合
但し、旅行や忘年会、新年会などの懇親会に、出席をしないケースもあります。忘年会、新年会といった懇親会は人員を出す場合も多いのですが、旅行になると、人員は出さないケースが多くなります。

このような場合には、断りがてら、たんこれも付き合いのある部署の部長さんといったそれなりの肩書を持っている人が寸志として現金を持参するようなケースも多くなります。

「宴会の飲み物代の足しにでもしてください」というイメージですね。みなさまの会社で、「○○社から志をいただいたのでご披露します」などと、宴会の最中に言われるケースがあれば、それが今回の寸志に当たります。

金額的には、10,000~30,000円を一つの目安としますが、こちらは過去のお付き合いや、今後のお付き合いの意向によって変わります。場合によっては、宿泊ホテルなどに飲み物を直接手配することもあります。

但し、飲み物を直接手配するような場合には、ホテルの飲み物はサービス料が含まれているので金額ほどは量の確保がままならないという事は覚えておくと良いでしょう。

外部手配となるため、いわゆる『持ち込み料』を取られてしまうため、どうしても寸志を出したい場合には、もっぱら現金となります。


『虚礼廃止』などと言われることが多い昨今ですが、取引先がそれを望み、かつ、それが効果的であると判断されるのであれば、こういったお付き合いをするのも作戦としてはありだと考えられます。

しかし、過剰なお付き合いなどは、担当者同士がなれ合いの関係になるなど、弊害の方が大きくなりますので、適切な決裁を経ての運用となるようにしかるべき部署や担当者がコントロールする必要があります。

 


keieimanga at 06:26|PermalinkComments(0)

2015年09月10日

全社員参加の忘年会 | 楽しむ席ではなく社内営業の大チャンスと心得れば、割り切って対応できます

全社員参加の忘年会は社員間の親睦を深めるためにもとても大切なイベントです。もちろん、こういった古き慣行が姿を消している企業は多いのですが、もしあなたの所属する組織でこのような事が行われていたら、参加することで非常なメリットを得ることができます。

数万人の従業員がいるような大企業では、このようなイベントの開催は不可能でしょうが、数百人規模であれば何とか実施することができます。会社によっては、忘年会だけはほぼ全社員が参加をして、数百人規模の大人数で取り行われるようなケースもあります。

さて、忘年会ですので時期的に、クリスマス会も兼ねて、わりと豪華なビンゴ大会などもあったりして、毎年そ盛り上がりを見せるケースもあります。

もちろん、ビンゴ大会自体が楽しみで参加するような人もいると思いますが、メインは、普段は会うことのない別の事務所や部署の人間と顔つなぎができる事であると考えられます。

正直、お付き合いが面倒くさい部分もあるかも知れませんが、それは忘年会だと考えるからであって、仕事で社内営業をすると考えればこれほど効率の良い機会はありません。

やる事と言っても、せいぜい、テーブル周りをして挨拶に行くぐらいの事ですので、顔を売るチャンスになります。

そういった席が苦手で、口ベタ人は苦労すると思われるかもしれませんが、こういった席では無理に飲む必要性もそれほどなく(目的を社内営業におくのなら、酔っぱらている場合ではありませんからね。)楽しんでいる雰囲気を出しつつ、色んな人とお話しするのが良いと思われます。

このような席では普段会話のあまりない同僚や上司との接点を作ることもできますし、他の部署や業務の話を聞く事は自分の仕事にも将来生かすことができるかもしれません。(普段、社内とはいえあまり接点のない人にはなれなれしく話しかけられませんからね。)

もちろん、あまり仕事やプライベートの話をしたくない人もいるので、適度で良い距離感を持った人付き合いを学ぶ席にもなりえます。

大切な会社のお付き合い



keieimanga at 06:25|PermalinkComments(0)

2015年09月09日

取引先の社屋新築祝い | おめでたい席に積極的に参加する習慣があると有利です

取引先の社屋新築祝いの場合、取引先の引っ越し祝い時の対応よりも注意が必要になります。取引先の引っ越し祝いの場合、取引先は、単純に社屋を移動したといった位置づけになる場合もありますが、社屋の新築祝いの場合には、それこそ会社が明確な意思を持って建物を建てたわけですから、重みが違うのです。

例えば、友人が引っ越しをした場合と、住宅を建てた場合ではお祝いをするにしても重みが変わってきますよね。

同様に、建物を建てるという事に価値を置いている人はこの国では多いので、それなりの対応をした方が無難というわけです。
  • 対応は組織として
さて、このようなお祝いの席ですので、取引先が社屋を建てるとの情報を入手した際には組織としてどのような対応を実施するかを検討する必要があります。

間違っても、「あそこの取引先は、個人的にお得意様だから会社には特に報告をせずに、お祝いを持っていこう」などといった判断をするのではなく、しかるべき上長に報告を行い、会社として意思決定を行う必要があります。

会社として判断を行った結果あなたが会社の代表としてお祝いに駆けつけるといった形なら、全く問題ありませんし、先方も、会社としてお祝いをしてくれたと感謝してくれるはずです。

この辺は会社の総務部さんが詳しいと思われます。
  • 従業員個人にとっても
さて、このようお祝いの席では、場合によっては沢山の人数が出席したという『数』が重視されるケースもあります。

このような場合、直接の営業担当者さん以外にも、事務員さんであろうが、作業員さんであろうが、職種を問わず多数の人が出席したという実績の為に駆り出されるケースがあります。

このような場合、たまたま残業で会社に残っている人を皆駆り出すといった事が行われるのです。

ふらっと、役員さんが仕事場にやってきて、新築祝いという名の飲み会に顔だけ出して欲しいと言われるようなイメージです。

そのような席ではおめでたい空気が支配していますので、従業員さん個人にとっても、普段はなかなか接することが少ないような方とも仲良くなれるチャンスです。

例えば、取引先の役員の息子さんと名刺交換をした後にお互い雑談をするといったケースです。営業担当者の方なら面識があるのかも知れませんが、普段は外にあまり出ないような人であっても、動員されたのであれば大手を振って名刺交換できるというものです。

そして、人と人のつながりですから、場合によっては趣味が同じだということがわかり、個人的に一緒に出掛けるような事にもなるかもしれません。

もっとも、そういった事があったとしても、会社の業績に変動があるとは限りませんが、取引先としてお声を掛けていただくことは増えるかもしれません。

もちろん同業他社との競争などもあるので一概に、自社に有利になっているのか、不利になっているのかは判断できませんが、機会を貰えるという事はマイナスではないと考えられます。

また、そういった関係があれば、その取引先の別の担当者さんからも、親しげに言葉を掛けて貰えるようになるかもしれませんよ。(会社員には配置転換などの異動がつきものですから色々なところに知り合いがいると良いと思われます。)

もちろん個人的にも新たな知人が増える事はプラスですので、会社のお付き合いというと嫌がる人も多いですが、機会があれば参加してみることは良い事だと思われます。

大切な会社のお付き合い


keieimanga at 15:46|PermalinkComments(0)

弔事のお付き合い | 会社でのお付き合いの場合、結構ドライに決めていきます(決まった後は心を込めてます)

弔事のお付き合いは非常に重要です。できる事ならばこのようなお付き合いは無い方が望ましいのですが、人間を相手にしている以上、どうしても一定の間隔で出てきてしまいます。

このような弔事の情報は、一般的には通常はがきなどが郵送されてくることで得る事となります。また、営業部との連絡を密に採って社内での情報共有がしっかりとされていれば、はがきが来る前に営業担当者経由で情報を入手することになります。
 
そういった情報を多くの場合は総務部の担当者が入手し、対応を実施します。
  • どこで発生したのか
・自社の関連会社の場合

例えば、弔事のお付き合いが必要な先が関係会社やグループ会社などの場合は総務部長が決裁をするケースがあります。(自社がもっと規模の小さな会社の場合社長自ら決裁します。)

決済の内容によっては、香典を出す、出さないといった事を決定したり、場合によっては葬儀の手伝いを総務部員さんなどにお願いする場合もあります。また、こちらから葬儀を手伝うと申し出るのではなく、電話で応援を請われることも稀にですが存在します。

また、関連会社などで発生した弔事ならば、受付業務を担うこともあります。

・取引先の場合

取引先の場合は各担当営業部長が香典の有無、自分で参列するか部下に持たせるかなどを判断します。こういう場合、付き合いを重んじる部長とそうでない部長とでは、年間の交際費に大きく差がでてきます。

また、基本的には営業部長決裁となりますが、自社にとっての重要な取引先については、社長の決裁となります。金額を含め、社長自らが足を運ぶか否か、通夜に行くのか告別式のみで済ませるのかも社長の判断となります。

そして、特に重要な取引先である場合は、通夜と告別式に社長と他に役員(取締役さんですね)が数名で赴くこともあります。
  • こういったお付き合いは 
会社でのこういったお付き合いはある意味、どの程度のお付き合いが続いている相手なのか、どのくらい利益をもたらしてくれる相手なのかというドライな判断でなされていきます。

もちろん、企業文化によってはそうではないケースもあるのですが、基本的にはお付き合いはドライなものとなります。

そして、会社によっては香典袋にもランクづけがなされており、使い分けているケースも多々あります。(もちろん、参列した際には心を込めた対応をするのが人の道というものですが)

大切な会社のお付き合い


keieimanga at 05:30|PermalinkComments(0)

2015年09月08日

会社のお付き合い | お付き合いには作法だけではなく、ビジネス上の判断もつきものです

会社のお付き合いの場合、当然のようにマナーや作法が問われます。しかし、会社はビジネスとして営まれているという側面も見逃せません。

つまり、マナーや作法だけではなく、ビジネスの文脈についても押さえておかなければならないのです。

本項では、ビジネスの文脈に沿って、会社で発生するいくつかのお付き合いについてまとめていきます。

◆社外とのお付き合い

昇進祝い

弔事のお付き合い

組織長が変更になった場合のご案内


独立開業された方の開店御祝い 

取引先社内行事に対する寸志

◆社内のお付き合い 





keieimanga at 21:32|PermalinkComments(0)