スポンサード

部署

2015年05月27日

経営企画室 | この仕事をする人こそ謙虚にやっていく必要があります

経営企画室とは企業の経営戦略を実現させるために企業の経営資源を活用するための手助けをする部署です。この経営企画室を指して社長の参謀といった言葉が用いられることがありますが、参謀というよりも社長の意思決定を助ける仕事をするといったほうが実情に近いかもしれません。

また、一般的に経営企画室は組織図上、社長の直轄となるケースが多く、経理部総務部の下位にあって、経理部長や総務部長の指揮命令系統に入るわけでないといった点も注意が必要です。

つまり、○○室なので、○○部>○○課>○○室といった通常の序列に置かれるのではなく、ある程度独立して設置されるのですね。

  • で、具体的に何をするの?
と、社長の直轄の部署であることが多く、社長を手助けする部署と書きましたが、それだけでは具体的に何をする部署なのかがよくわかりません。そのため、具体的な仕事内容について考えていきます。

まず、経営陣の意思決定を手助けするために業績に関する報告書を作成します。たとえば、業績を分析し、どの部署に問題があるのか、どういった問題があるのかといった事を整理するのです。

経営陣は日々忙しくしていますし、全社にわたる判断を行うのが仕事なので、生の情報(たとえば、A商店なら文房具を500円で買えるけど、B商店はキャンペーン中で480円で買える。でも、従来の関係性を重視すると…)といった情報をそのまま渡されても困ってしまうのです。

その為、こういった経営企画室などの部署が生の情報を加工して経営判断に用いることができるレベル感に変えるのです。(今月はコストが2%全体的に増えているけれどもその原因は、事務管理コストが増えたためです、対策としてはA案とB案があり…といった風に言われれば社長さんも対応のしようがありますよね。)

また、せっかく作成した経営戦略に基づく経営計画も、作っただけでは絵に描いた餅です。そのため、経営企画室が進捗管理を行い、問題があれば是正措置を経営陣に提案していく必要があるのです。

と、このように経営企画室は社内の情報が一手に集まるような部署となります。そのため、秘密を守れる人材、現場を知っている人材、経営の理屈を知っている人材といった風に、この部署で仕事をするにあたって比較的高い能力を求められます。

そのため、人によっては将来の管理職・役員候補であると考える場合もありますが、これは一概にそうであるという事ができる訳でないことに注意が必要です。

会社の部署

keieimanga at 08:13|PermalinkComments(0)

2015年05月25日

物流部 | モノが必要な所に、必要な時、必要な分だけ届く事はとても大切です

物流部とは、社内外の物流を一手に管理する部署となります。会社のモノの流れである物流の体制を構築したり、管理するといった役割を負うのです。

と、物流ですから、営業部とか販売部のように直接的な売り上げを上げるわけではありません。そのため、いかに効率よく必要なものを必要なところへ必要な時期に届けるかが仕事の中心となるのです。

どのようなルートで配送したら効率的か、どのように自社内の倉庫を組み合わせて活用するか。物流関係の費用をどうやって削減するかについて考えていく必要があるのです。
  • 倉庫業務も
さて、 このようなモノの流れに関する業務を実施する部署であるため、倉庫内の業務を任せられることもあります。倉庫内を管理する際には、在庫の水準を必要最小限に保つといった事が重要となります。

というのは、在庫は持っているだけで様々なコストが発生するからです。「在庫があるだけでコスト?」などと思われる方もいるかもしれませんので補足しますが、例えば、不要な在庫があるに別の倉庫を借りなければならないとなったらその分のコストが発生しますよね?

また、倉庫内にモノが多ければその分モノを管理するためのコストが発生します。更に、その在庫品を購入したときにはお金がかかっている訳で、その分のお金の調達コスト(借入金利や資本コストとして株主に支払う配当金)がかかっています。

とはいえ、やみくもに在庫の水準を減らそうと考えれば、欠品していて売り逃しをしてしまうリスクが高まります。

このように、物流部はちょうどいい在庫の水準を管理し、会社全体の物流コストを最適化するといった非常に重要な役割を担っているのです。

会社の部署

keieimanga at 06:22|PermalinkComments(0)

2015年05月21日

情報システム部 | ITに関する専門性と社内の業務プロセスに対する深い理解が求められます

情報システム部とは情シスなどとも略される、企業内部での情報システムを統括する部署になります。主に自社内のシステムの保守管理や開発お行う部署であるのがIT企業との違いとなります。

IT企業の場合、システム開発はそのまま顧客に対いて販売するサービスや製品を作っている事となるため、直接部門・間接分門の区分では直接部門に該当しますが、一般企業の情報システム部はあくまで社内の管理に資すのが目的となっているので間接部門なのです。

たとえば、発注管理システムや受注管理システムなど、自社内の仕事を進めるうえでは必須のシステムではありますが、そのまま他社に販売するようなものではないといったイメージととなります。

また、これらのシステムは自社開発するケースもありますが、IT企業から購入して導入するケースも多く、その王な場合は、システムの保守や運用が主な仕事となります。

  • 重宝されます
さて、この情報システム部の仕事は社内システムを一手に保守管理するという仕事になります。しかし、「一手に」という割には一般論として配置されている人員はそれほど手厚くないといわれています。

そのため、情報システム部の仕事をしている人は、社内で非常に頼りにされる傾向があります。そして、これが講じると「パソコンが止まったんだけど何とかしてほしい」といった単純なサポート業務まで行うこととなります。

  • サポートだけではありません
情報システム部はシステムの運用保守だけではなく、ときには大きな案件が任せられることがあります。それはITシステムの更新などです。このような業務は非常に影響が広範にわたり、関係各所の情報をヒアリングしたり、要件定義を行ったりします。

場合によっては、現状にシステムを合わせるのではなく、より効率的な業務プロセスの構築まで行うこともあるのです。(もっとも、こう言った場合、業務プロセスを変えたくない現場からの抵抗がつきものですが。)


このような業務を行うような場合、折衝能力や情報システムに関する知見、自社の業務プロセスについて詳しく知っている事など、かなり高い能力が求められます。

会社の部署



keieimanga at 18:18|PermalinkComments(0)

管理部 | 間接分野のよろづや的存在です。専門部署が設置されたら仕事を譲ります

管理部とは会社の業務にかかわる内容を管理する部署のことです。総務部人事部経理部がを組織上おいていないような会社では、この管理部がそれらの仕事を実施します。(管理部の下に総務課、人事課、経理課といった部署を置く場合もあります。)

このような場合、管理部は間接部門を取り仕切るといった業務が割り当てられるので非常に広範な仕事範囲となります。

言い換えると、お客さんに売りに行く、売り物を作る以外のことは全部やるといった仕事の割り振りになるのですね。

  • このような部署なので
と、このように管理部が設置されるような場合、企業の間接業務を取り仕切るといった位置づけとなります。

ただし、「うちの会社は法務関係が非常に重要であるから、総務部は別に置こう」とか「人材の育成はうちの会社の生命線だから、別に人事部を設置しよう」などと、間接部門の仕事を行う特別な部署を設置するケースもあります。

その場合、管理部は新たに設置された専業の部門にその仕事は譲ることとなります。

  • ○○管理部
なお、このような一般的な管理部ではなく、営業管理部とか製造管理部といった風に○○管理部といった名前がつく部署が設けられるケースもあります。

このような場合、営業とか製造業務にかかる管理業務を行う部署となります。

会社の部署


keieimanga at 08:01|PermalinkComments(0)

2015年05月20日

業務部 | 橋渡しや大切な資料の提供など、プロの裏方です

業務部とは、会社内での部署間の橋渡しや同業他社との橋渡し役等を行う部署になります。と、イマイチ歯切れの悪い説明ですね。というのは、企業によってこの業務部に割り当てられる仕事が変わってくるからです。

例えば、業務部の下に経理課や人事課を持っている組織や(この場合、経理部人事部の仕事が発生します)業務部の下に総務課、顧客管理課、販売促進課といった部署を持っている場合もあります。

このように、業務部は企業によってかなり大きく仕事の内容が変わってくるような部署という事ができます。
  • とはいえ
とはいってもある程度は類似点を拾う事も可能となります。というのは、業務部はさすがに製造や販売といった事を直接手掛けるのではなく、その間を取り持ち、販売動向を製造部署に伝えたり、製造部署や販売部署が仕事をしやすくなるように、計数管理を実施したりします。

こういった意味では、いわゆる間接部門の仕事をする部署であるという事は言えるのです。そして、間接分野の仕事は多岐にわたるので既存の組織がカバーしていない領域を積極的に担うような部署であるという事もできます。

なんだか、『その他』の仕事といったイメージですね。しかし、企業運営上『その他』の仕事は非常に広範であり、定型処理をひたすら実施するような場合は代替可能な労働力でしかありませんが、例外処理を実施することができる人は、その人がいないと困るといったポジションを組織内で築くことが可能となってきます。

もちろん、いつまでもその業務をブラックボックス化しているのは望ましくないので、組織内での情報共有は適宜行うべきですが、定期的にその人がいないと困るといった業務を獲得できるというのは部署の強みという事ができます。

会社の部署


keieimanga at 06:19|PermalinkComments(0)