スポンサード

組織

2015年07月12日

主幹 | 主幹といった肩書の人が偉いかどうかをあなたの主観で判断してはいけません

主幹とは仕事を中心的に実施する人を指す言葉で、組織によって偉さの位置づけに揺れがある職能資格です。

基本的には職能資格ですので、課長部長といった風に役職ではなく、「課長さんになれる(であろう)能力を持っていますよ」といった事を指す肩書になります。主事参事と同様の考え方ですね。 
  • 主幹の位置づけ
さて、この主幹といった肩書ですが、『幹』といった字が使われるわけですから、それなりに偉い場合もあります。おおむね主査と参事の間くらい。つまり、課長級の仕事を行える(であろう)能力を持っているとみなされる位置づけとなります。

そして、行政で使われることが多い肩書名なので、主幹というとそれなりに偉い人といったイメージになります。(行政の課長さんは結構偉い人なんですよ。)
  • とはいえ
と、 位置づけを無理やり書いてみましたが、組織によっては上の説明よりも非常に偉い場合もありますし、逆に係長クラスである場合もあります。

職能資格はあくまで組織内での能力お話なので、初めてその組織と仕事をするような場合には、戸惑ってしまうかもしれません。

いずれにしても、名刺に主幹と書いてあった場合、自社の組織に当てはめて判断するのではなく、それとなくでもよいので確認をするようにした方が良いと考えられますね。

職能資格の序列一覧




keieimanga at 22:10|PermalinkComments(0)

2015年05月28日

CHO | 人に関することの最高責任者です

CHOとはChief Human Officer(チーフヒューマンオフィサー)の頭文字を取った役職で、最高人事責任者など言われる言葉です。

と、このように書くと「あれ?人事部長っていう役職があったよね?」と思う方もいると思います。確かに人事部長という役職もありますが、このCHOは人事部長よりも上位の役職であると解されるのです。
  • 人事部長対CHO
例えば、人事部長は人事部の部長です。そして、人事部は(実体としては権限を持っていますが)あくまで会社の一部署であり、他の部署への遠慮も出てきます。

営業部経理部の部長と人事部長は(一応は)同格であり、経営上望ましい判断であるとしても、それらの部署のエース級の社員を人事異動させる事はなかなか難しいのです。

しかしながら、CHOはいわば役員級に位置づけられており、企業の中の一部署ではなく、企業全体を良くするために人的資源をどのように活用するかについての戦略を実施していく事が求められる役職となります。

そのため、「○○という部署に行ったら、その後は一旦出向し、その上で本社に管理職して戻ってくるんだよ」などといった不文律にとらわれずに、経営戦略に従って、必要である部署に必要な人材を配置するといった人事を行う必要がCHOには求められます。
  • と言っても
とはいえ、CHOはそれほど浸透している役職ではありません。また、そういった役職を置く法律上の根拠もありません。

また、人事部長が、上で述べたような企業戦略を元にして人事を司っているようなケースも多いため、わが国ではそれほど定着している肩書ではありません。

外来語の肩書

keieimanga at 07:56|PermalinkComments(0)

2015年05月27日

経営企画室 | この仕事をする人こそ謙虚にやっていく必要があります

経営企画室とは企業の経営戦略を実現させるために企業の経営資源を活用するための手助けをする部署です。この経営企画室を指して社長の参謀といった言葉が用いられることがありますが、参謀というよりも社長の意思決定を助ける仕事をするといったほうが実情に近いかもしれません。

また、一般的に経営企画室は組織図上、社長の直轄となるケースが多く、経理部総務部の下位にあって、経理部長や総務部長の指揮命令系統に入るわけでないといった点も注意が必要です。

つまり、○○室なので、○○部>○○課>○○室といった通常の序列に置かれるのではなく、ある程度独立して設置されるのですね。

  • で、具体的に何をするの?
と、社長の直轄の部署であることが多く、社長を手助けする部署と書きましたが、それだけでは具体的に何をする部署なのかがよくわかりません。そのため、具体的な仕事内容について考えていきます。

まず、経営陣の意思決定を手助けするために業績に関する報告書を作成します。たとえば、業績を分析し、どの部署に問題があるのか、どういった問題があるのかといった事を整理するのです。

経営陣は日々忙しくしていますし、全社にわたる判断を行うのが仕事なので、生の情報(たとえば、A商店なら文房具を500円で買えるけど、B商店はキャンペーン中で480円で買える。でも、従来の関係性を重視すると…)といった情報をそのまま渡されても困ってしまうのです。

その為、こういった経営企画室などの部署が生の情報を加工して経営判断に用いることができるレベル感に変えるのです。(今月はコストが2%全体的に増えているけれどもその原因は、事務管理コストが増えたためです、対策としてはA案とB案があり…といった風に言われれば社長さんも対応のしようがありますよね。)

また、せっかく作成した経営戦略に基づく経営計画も、作っただけでは絵に描いた餅です。そのため、経営企画室が進捗管理を行い、問題があれば是正措置を経営陣に提案していく必要があるのです。

と、このように経営企画室は社内の情報が一手に集まるような部署となります。そのため、秘密を守れる人材、現場を知っている人材、経営の理屈を知っている人材といった風に、この部署で仕事をするにあたって比較的高い能力を求められます。

そのため、人によっては将来の管理職・役員候補であると考える場合もありますが、これは一概にそうであるという事ができる訳でないことに注意が必要です。

会社の部署

keieimanga at 08:13|PermalinkComments(0)

2015年05月25日

CKO | 知識の活用こそが企業の競争力の源泉です

CKOとはChief Knowledge Officer(チーフナレッジオフィサー)の頭文字を取った肩書で、最高知識責任者などと訳される役職です。

CEOCFOなどと比較すると知名度の点で決定的に知られてない感じがしますが、企業内部の知識を司るといった非常に重い立場の人となっています。

知識が企業の競争力の源泉であるといった考え方は今日ではだいぶ受け入れられてきましたが、その知識を司る為の責任者を設けようといった発想から設置される役職です。そのため、このCKOは役員クラスの偉い人が持つ肩書とされています。 

というのも、知識を司るなどといった非常に大きな権限が与えられそうな肩書なので、(何といっても最高、責任者といった非常に強い言葉が使われていますからね)やはり社内でそれなりの能力や権威を持った人物が担当すべきなのです。
  • と言っても
とはいえ、このCKOは法律上の取締役に該当するといった事はありません。その為、本質的には会社内で呼び合っている肩書きにすぎないのです。

しかし、上述した通り『最高知識責任者』ですから、取引先でそういった肩書の人が登場したり、(転職や就職で)組織に入りたてでよく分からない状態の時に、CKOなる人が出てきたら「ああ、この人は偉い人なんだぁ」と考えて接しておけば大丈夫です。

一応、海外では単なる役員ではなく、副社長クラスの上級役員がこの役職に就くことが多いとされています。それほどまでに、知識が競争力の源泉であると考えられているのですね。
  • 情報の活用
さて、あなたの会社の営業部には非常に有用なノウハウや知識を持っているとします。しかしそのような知識は営業部の中の第三営業課のみでしか活用されていないとします。

このような状態では、そのノウハウや知識は会社の財産ではなく、第三営業課の財産でしかありません。

その為、このような価値あるノウハウや知識を全社的に共有し企業価値の向上に役立たせていくといった事が必要となるのです。

もちろん、第三営業課の課長さんにとっては、自分たちの持っているノウハウや知識をいくら会社のためといった大義名分があるにしろ放出するわけですから非常に抵抗感があると考えられます。

(というか、自部署内で知識やノウハウを独占し、またその事実を伏せておきながら自部署だけが高い業績を享受するといった態度が組織内での最適な立ち回りであるケースは多いです。

特に実力主義の名の下に業績評価を行うような組織においては、高い業績を上げる根本のノウハウは生命線となります。この視点に立つとき、そのようなノウハウがある事を悟らせてはならないのです。

そして、そのような知識やノウハウが自部署内にあると、社内に気づかせてしまった第三営業課の課長さんにとって、ノウハウの公開以外の選択肢はありません。抵抗するだけ社内での立場が悪くなりますからね。)

そのため、CKOはこのようなノウハウを積極的に公開する誘因を作るであったり、そのような企業文化を醸成することも仕事のうちなのです。

外来語の肩書

keieimanga at 23:11|PermalinkComments(0)

物流部 | モノが必要な所に、必要な時、必要な分だけ届く事はとても大切です

物流部とは、社内外の物流を一手に管理する部署となります。会社のモノの流れである物流の体制を構築したり、管理するといった役割を負うのです。

と、物流ですから、営業部とか販売部のように直接的な売り上げを上げるわけではありません。そのため、いかに効率よく必要なものを必要なところへ必要な時期に届けるかが仕事の中心となるのです。

どのようなルートで配送したら効率的か、どのように自社内の倉庫を組み合わせて活用するか。物流関係の費用をどうやって削減するかについて考えていく必要があるのです。
  • 倉庫業務も
さて、 このようなモノの流れに関する業務を実施する部署であるため、倉庫内の業務を任せられることもあります。倉庫内を管理する際には、在庫の水準を必要最小限に保つといった事が重要となります。

というのは、在庫は持っているだけで様々なコストが発生するからです。「在庫があるだけでコスト?」などと思われる方もいるかもしれませんので補足しますが、例えば、不要な在庫があるに別の倉庫を借りなければならないとなったらその分のコストが発生しますよね?

また、倉庫内にモノが多ければその分モノを管理するためのコストが発生します。更に、その在庫品を購入したときにはお金がかかっている訳で、その分のお金の調達コスト(借入金利や資本コストとして株主に支払う配当金)がかかっています。

とはいえ、やみくもに在庫の水準を減らそうと考えれば、欠品していて売り逃しをしてしまうリスクが高まります。

このように、物流部はちょうどいい在庫の水準を管理し、会社全体の物流コストを最適化するといった非常に重要な役割を担っているのです。

会社の部署

keieimanga at 06:22|PermalinkComments(0)