スポンサード

社内

2015年09月12日

賀詞交歓会 | 社内向けの賀詞交歓会とお付き合いで参加する外部向けの賀詞交歓会があるのです

賀詞交歓会といったイベントが歴史の古い業界では存在します。IT屋さんとかですとそれほど遭遇する機会は無いのですが、昔からの卸や小売業、業界団体などではこういった、古き良き慣行が残っています。

外部の賀詞交歓会ですと、○○市の賀詞交歓会といった形で、行政機関の偉い人や、地域財界人が集まるような会を年始に持つことがあります。

自社からは、会社のトップやそれに準ずる人(社長副社長専務常務といった階層の人ですね)が招かれるので、スケジューリングを正確に行う事が大切となります。
  • 自社内でやる場合もあります
さて、大きな会社ではこの賀詞交歓会を自社内でやる場合もあります。支店があちこちに分散していたりと、なかなか社員が顔を合わせる機会が少ないような規模の会社では賀詞交歓会と銘打って、人を集めたりする事があるのです。

大きな会社では、新入社員などは研修時代はいっしょに時間を過ごすことができますが、現場に配属をするとみんな離れて仕事を行い、殆ど顔を合わせることが無くなるといった事が起こりがちです。

また、規模が大きくなると関西採用、関東採用といった風に、地域別採用を実施したりします。こういった場合には、関西、関東は関東でと長距離の転勤などは無いケースがあります。(働く人にとっては良い制度ですね。)

そのため、上記のような例ですと、中間地点である名古屋の方で、賀詞交歓会を行うといった事も行われます。

このような運営の場合、働く人にとっては同窓会と同じと言えるかもしれません。ある程度余裕が出てくれ色々な人と話せますし、関西採用の人であっても、東京の同期と数年ぶり(場合によっては数十年ぶり)に顔を合わせることができるかもしれません。
  • 重要な仕事です
このような社内向けのイベントの開催は、総務部業務部管理部といった社内スタッフ部門が受け持つこととなります。

自社内の様々な部署の調整を実施し、日程を決めて、会を運営するわけですからかなり気を使う仕事となります。

しかし、このような仕事に従事すれば社内で顔を覚えてもらえるといったメリットもありますので、もしそのような仕事をアサインされたら、積極的に取り組んでみると良いと思われます。

近況報告なども参加者間で行えますので、会社のお付き合いというととかく面倒なイメージもありますが、なるべく戦略的に参加したいものです。

大切な会社のお付き合い


keieimanga at 13:12|PermalinkComments(0)