スポンサード

外部

2015年10月06日

取引先の新年会パーティー | 仕事の一環との意識を忘れなければ良い機会になります

取引先の中には、新年会パーティーを開催するところもあります。組織の文化にもよりますが、こういった席に駆り出されるような場合もあります。

例えば、取引先で年に1回1月に新年会パーティーを開催する会社があるようなケースです。こういった新年会をワザワザ取引先をまねて行うよう取引先の場合、場所も結構良い場所を確保するケースが多く、都内の某有名ホテルの一室を貸し切ったりします。

こういった場合、会社では社長や取締役等が対応できればそれに越したことはないのでしょうけど、大抵は総務部部長さんなどが出席することになります。

また、場合によっては、上長の指示によって部下の人間が代わりに出席するような事もあります。そのようなばあいであってもしっかりと礼を尽くせば問題ないと判断されるケースが多いです。
  • 急きょ出席の場合
さて、あらかじめ部長の代わりに部下がといったケースであればそれほど問題ないのですが、急きょ上長の都合が悪くなってしまったためのピンチヒッターであるといった場合には、気を付けないといけないことがあります。

というのは、一応新年会パーティーと謳っていますので最低限のドレスコードを守る事です。最近では、男女を問わずオフィスカジュアルで勤務するケースもあるので、急きょ参加してもらう人には、そのようなドレスコートに気を付けてもらうといった事が欠かせません。(とはいえ、常識的な格好をしていればあまり失礼にあたるケースは想定できませんが)
  • 立食形式か宴会形式か
さて、このよう新年会ですが、立食パーティー形式になるケースと、ガッツリと宴会コースとなるケースなど様々なケースが考えられます。

とはいえ、いずれにしても取引先の人が回ってきて簡単なあいさつを交わし、ちょっとしたお話をするといった流れは同じですので、どのようなケースであっても、それほど気にする必要はありません。

但し、一つだけ心がけたいのは、あくまで会社の看板を背負ってその場に来ているといった事です。つまり、礼を失しない程度の振る舞いはマストであるという事です。

仕事の一環であることを頭の片隅に置いておけば、あまり大きなリスクは生じないと考えられますが、この点だけは注意して、せっかくの会ですので楽しむと良いと思われます。
 
こういった会を嫌がる人は多いのですが、仕事の一環として、飲食をしながら取引先と親睦を深められる機会ですし、あくまでお客様でいられますので肩の力を抜いて(とはいえリラックスし過ぎないように)楽しんでくると良い機会になります。


keieimanga at 23:11|PermalinkComments(0)

2015年09月25日

取引先社内行事に対する寸志 | 目的のあるお付き合いならば投資として考えることが可能です

取引先社内行事に対して寸志をといった対応をする場合があります。というのは、事業を運営していると、非常に多岐にわたる取引先が存在していきます。「仕入先は○○社と、○△社。販売先は…」といった感じです。

そして、取引先会社が催す行事は年間にするとかなりの数に上ります。場合によっては運動会や家族を招いての懇親会には招待されることもあるのです。(業界によってはこのようなイベントが好きな業界もありますからね。)
 
但し、もちろん、この取引先全てと均等にお付き合いすることはできません。このような際には、ある程度、対応を決めて運用しないと会社自体が回らなくなってしまいます。
  • 人員を出す場合
例えば、運動会などの人員を要する場合には、手伝いや選手としてエントリーする為に先方が望む人数を揃えて派遣します。(お付き合いもお仕事のうちですからね…)
 
こういう類の行事は、年に一度の恒例行事なので派遣されるほうも気兼ねなく、楽しむための休日出勤対応となるケースが多いのです。(もちろん休日出勤ですから代休対応や割増賃金など、法的に求められる対応は実施します。誰ですか?「サービス残業で…」なんて言う社長さんは。それは単なる違法労働ですよ。)

その場合、一番つながりの強い部署から積極的に派遣され、その部署の交際費として5,000円ほど寸志として持参します。(仕入先なら購買部、販売先なら営業部といったイメージですね。もちろん、万能説がささやかれている総務部が助っ人として出ていく場合もあります。)
  • 人員を出さない場合
但し、旅行や忘年会、新年会などの懇親会に、出席をしないケースもあります。忘年会、新年会といった懇親会は人員を出す場合も多いのですが、旅行になると、人員は出さないケースが多くなります。

このような場合には、断りがてら、たんこれも付き合いのある部署の部長さんといったそれなりの肩書を持っている人が寸志として現金を持参するようなケースも多くなります。

「宴会の飲み物代の足しにでもしてください」というイメージですね。みなさまの会社で、「○○社から志をいただいたのでご披露します」などと、宴会の最中に言われるケースがあれば、それが今回の寸志に当たります。

金額的には、10,000~30,000円を一つの目安としますが、こちらは過去のお付き合いや、今後のお付き合いの意向によって変わります。場合によっては、宿泊ホテルなどに飲み物を直接手配することもあります。

但し、飲み物を直接手配するような場合には、ホテルの飲み物はサービス料が含まれているので金額ほどは量の確保がままならないという事は覚えておくと良いでしょう。

外部手配となるため、いわゆる『持ち込み料』を取られてしまうため、どうしても寸志を出したい場合には、もっぱら現金となります。


『虚礼廃止』などと言われることが多い昨今ですが、取引先がそれを望み、かつ、それが効果的であると判断されるのであれば、こういったお付き合いをするのも作戦としてはありだと考えられます。

しかし、過剰なお付き合いなどは、担当者同士がなれ合いの関係になるなど、弊害の方が大きくなりますので、適切な決裁を経ての運用となるようにしかるべき部署や担当者がコントロールする必要があります。

 


keieimanga at 06:26|PermalinkComments(0)

2015年09月20日

独立開業された方の開店御祝い | 開業祝に植物を贈ると鉄板です

独立開業。もちろん順風満帆とはいかないかも知れませんが、喜ばしい出来事であるのは間違いありません。特に、取引関係があったような人が独立開業するような場合、とても喜ばしい出来事であると言えると思います。

業種によっては、「このまま雇われているよりも…」といった感じで、自分で起業される方の多い業種もあります。例えば、建設業などはこういった傾向が強い業界であるという事ができます。

何といっても、必要な『腕』は従業員さん一人一人が持っていますので、お客さんさえ取れる見込みがあるのなら、独立開業に踏み切る人も多いのです。 (あとは、こういった業界では腕があれば再就職も容易なので、独立開業はそこまでリスキーな選択肢ではないのです。)
  • 何を贈る
さて、そのような業界では、得意先でお世話になった方が独立された際には、事務所の開店祝いとして、観葉植物を贈らせて頂くことがよくあります。

観葉植物なら長く残りますし、縁起が良いもの、丈夫な性質のもの、インテリアとしてお洒落に演出してくれるものを選ぶようにしていれば、喜ばれると思われます。

こういった贈り物は、自社のお付き合いのある、グリーンショップがあればそこで購入する方が望ましいです。

というのは、取引先ごとに差をつけすぎると望ましくないですし(日本的な配慮ですよね?)勝手を知ってくれている業者さんならその辺は安心してお付き合いする事ができますから。

但し、受け手がわが喜んでもらうようなモノを提供する事が大前提ですから、時々無理を言って鉢を今風の物にチェンジしてもらったり、人気の観葉植物を聞いてみたりと、色々相談できるようなグリーンショップとお付き合いするようにしていければと思います。

もっとも、場合によっては、稀に希望する商品が在庫ぎれの場合もあるので、品揃えが充実しているネットの通販サイトを利用するのも手です。

しかし、こういった普段とは違う業者を活用する場合、しっかりと過去の事例と差が付かないように対応する必要があるので、注意深く対応しなければなりません。

開店祝いに胡蝶蘭

いずれにしても、グリーンがあれば、リラックスさせてくれたり、湿度を調整してくれたりと、癒し効果が期待できます。さらに、事務所にひとつあるだけで、華やかな印象も与えてくれるので、開店祝いの贈り物としては、まずまずの合格点になると考えられます。

会社のお付き合い 


keieimanga at 22:32|PermalinkComments(0)

2015年09月18日

若手の合同パーティ | パーティーへはなるべく率先して参加した方が望ましいです

若手の合同パーティーを開催する企業もあると思います。時期的には、新人さんが入ってくる時期に行われることが多いので春先の開催が多いと思います。

また、合同と謳っていますので、取引先が集まってパーティーを開催するケースもあります。(もちろん、大きな企業では複数の部署にまたがる事を指して合同という場合もあります。)

そして、若手というくくりですので、新人はもちろん、30歳以下とか、管理職でない人といった形であまりかっちりとした形とはしないケースが多多くなります。
  • お付き合いと思うなら…
さて、この種の会は、全員参加でなく、あくまで有志で行われる事が多くなります。この有志でという所がポイントです。

つまり、参加すると、そういった人づきあいがそれ程嫌いではない人が集まってくる会になります。例えば、取引先の若手が集まるような会では営業担当者にとっては魅力的な会であると考えられます。そのため、営業の人などは声をかけるとすぐに集まる傾向にあります。

しかし、間接部門の人についてはイマイチメリットが明確ではないため、そういったイベントがあまり好きではない人を中心に集まりが悪くなる傾向が出ます。
  • むしろ間接部門の人ほど
しかし、イマイチメリットが明確でないにしても、むしろ間接部門の人ほどこういった職場でのパーティーには積極的に参加すると望ましいと考えられます。

企業にはジョブローテーションと言って定期的に異動をするような制度があるところもありますので、取引先や自社の将来有望な人とつながりを持っておくと将来的に有利に働くことも考えられますし、色々な知り合いを作っておけば、人事異動で別の部署に行っても苦労する割合を低くすることができます。

但し、不景気になるとこういった会は縮小の方向にむかう傾向があるため、チャンスがある時にはなるべく参加した方が良いと思われます。



keieimanga at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年09月15日

組織長が変更になった場合のご案内 | 異動シーズンにはあいさつ回りがつきものです

組織長が変更になった場合には、組織同士のお付き合いであるのならば、組織として挨拶を実施しないといけません。

これは、トップ同士の面識を円滑に持てれば、通常の営業業務も有利になります。これは、仮に営業的に金銭が絡まない場合であろうと同じです。

そのため、自社側の組織の責任者が異動になったような場合では(部長さんや担当取締役など、直接現場には出ないが、現場にも影響がある人)しっかりと取引先への連絡を行う必要があります。

この時、はがきでごあいさつするか、文書でご挨拶をするか、もしくは直接新責任者と旧責任者があいさつに伺うかといった形で対応を分けていく必要があります。

(全取引先にあいさつに伺えれば理想ですが、ちょっと大きめの会社になってくると、もちろんそのような対応をすることは事実上不可能です。)
  • 顧客の管理
このような際に役立つのは普段からの顧客名簿管理となります。この顧客名簿の管理を適切に行っていれば、お客様のランク付けを行う事も可能となるでしょうし、「Aというランクのお客様には実際の訪問を、Bというランクのお客様へは…」といった形で、責任者が対応する前の段階である程度の対応分けをすることができます。

そのうえで、責任者がその資料を確認し「この会社は、ランク的にはBになるけど、自社との関係性が深いからAランクと同じ対応を…」といった形で、顧客名簿だけでは表せない情報を追加して対応することとなります。

また、このような管理を日常として実施すれば、慶弔のお付き合いにも備えた管理ができるのですね。

大切な会社のお付き合い


keieimanga at 06:21|PermalinkComments(0)