スポンサード

2018年09月12日

ファクト | この言葉を使う人は自分に都合のいいファクト(事実とは言っていない)を探しがちです

ファクトとは、事実を意味する言葉です。ファクトベースで仮説を…といった風に使い、事実に基づいて仮説を…といった風に使います。

英語表記ではfactになります。
  • 事実が基本です
さて、このファクトですが、事実という言葉です。どの様な計画も仮説も、事実に基づいていなければ机上の空論にもならない、有害なものになってしまいます。

例えば、あなたの会社がお店を営んでいるとして、客単価も1日当たりの客数も分からない上司が売上向上策を考えたらどうでしょう?

的外れな計画が出てくると思いませんか?

また、値上げによって客単価が上がり、客数もそれほど減っていないというファクトから「もっと値上げして客単価を上げれば儲かるはず」という計画を実行したら、客離れが一気に進み、売上が大幅に減少しました。

これは、顧客が前回の値上げにかなり強い不満を抱いているが、近隣の競合店にうつるギリギリのラインの不満だったので表面化していないだけというファクトを見逃したためでした。
  • 人は信じたいことを信じてしまう
上記の例では、ファクトを全然把握していない事や、重要なファクトを見逃したことが問題の原因でした。

しかし、広くファクトを調べ上げるためには多くの経営資源を投入しないと不可能であるため、どうしてもある程度の仮説を立てて調査をする必要が出てきます。

そのため、仮説の立て方が大切となるのですが、調査は仮説の立て方次第でどのようにも結果が歪んできます。

例えば、自社はロイヤルカスタマーが支えていて、その人たちは顧客の意見を代表している。そのため、その人たちだけ調査すればいい。と考えて上記の調査をしたとします。

その場合、ロイヤルカスタマーというぐらいなので、調査結果として自社の満足度は高く出ると考えられますが、肝心な一般顧客の満足度が図れません。(調査していませんから)

このように、人は自分の信じたいことを信じられるような調査をするといった傾向がありますので、十分に注意する必要があります。
  • ファクトは最重要
このファクトという言葉はビジネスを行う上で最も大切な言葉であるという事ができますが、そのファクトが本当に事実であるかについてはよく考える必要があります。

ITの世界では、ごみみたいなデータを投入したらゴミのような分析結果しか出ないという格言があります。

ファクトでない事をどれだけ一生懸命分析しても、望む結果は得られません。その意味でも、ファクトは最重要なのです。


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:31│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字