スポンサード

2016年06月01日

イノベーション | 革新という意味の言葉ですが、意識高い人は好きですねこの言葉が

イノベーションとは革新と訳される言葉です。

この言葉はカタカナ用語が大好きなビジネスパーソンのみならず、 ビジネスに興味を持っている人にとってはおなじみの言葉かもしれません。

イノベーションのジレンマなど、この言葉を使ったビジネス用語はたくさんありますので、聞いたことがある人も多いはずです。

 (イノベーションのジレンマとは、新しい革新的な技術を生み出した新興企業が、それまで市場に君臨していたリーダーを打ち負かす理由を説明した理論です。詳しくはコチラ

意味としては、業界全体の風向きを変えるとか、業界の勢力図を塗り替えるといった言葉ですね。

  • イノベーションを起こせ
さて、「日常業務にイノベーションを起こす必要がある」なんて言われたらどうでしょうか?まあ、わかった気にはなりますが、ちょっと大げさに感じます。

イノベーションとは、言葉の意味からしてもそんなに頻繁に使う言葉ではないと思われるからです。なんといっても『革新』ですからね。

それなのに年中イノベーション、イノベーションと言っている人は何なのでしょうか?なんか、年中 『革命』とかそんな言葉を使っているのに似ています。

少なくても 、日常業務に必要なのは、イノベーションではなく、改善だと思います。

もちろん、イノベーションが起こせればそれに越したことはありませんが、革新というぐらいですから、抜本的に業務を見直して、やらないことはやらないと決めて取り組まなければなりません。

それをしないで、今までの作業を2倍のスピードでこなす方法を考えついても、それは単なる改善でしかないと思われます。

カタカナ用語大全
 

スポンサード
keieimanga at 22:21│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字