スポンサード

2016年04月14日

フロー | あまり意識の高い系でない人が使う場合

フローという言葉は、カタカナ用語界隈では多義語なので注意が必要です。

(こちらの記事では、バリバリに意識が高い系ではない、ちょっと意識している系の人が使うフローの意味を解説します。)

この、あまり意識が高い系ではない人が使うフローという言葉は『流れ』といった意味になります。

業務フローとかいうケースでは、業務の流れ、キャッシュフローといった場合は、お金の流れといった意味になります。

この意味のフローは一般的に使われることもありますので、『フロー』といわれてもそこまで戸惑わずに済むかもしれませんね。

ただし、あなたがこの言葉を使うときはちょっと注意が必要です。

というのは、完全に意識が高い系の業界ではフローといった言葉は違う意味になりますし、カタカナ用語を使いたくないと思っている人が多い業界では、あえて」カタカナを使わないほうが望ましいですから。

そういった面で、このフローといった言葉は少し使い方に注意が必要な言葉なのです。

カタカナ用語大全
 

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:06│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字