スポンサード

2015年10月06日

取引先の新年会パーティー | 仕事の一環との意識を忘れなければ良い機会になります

取引先の中には、新年会パーティーを開催するところもあります。組織の文化にもよりますが、こういった席に駆り出されるような場合もあります。

例えば、取引先で年に1回1月に新年会パーティーを開催する会社があるようなケースです。こういった新年会をワザワザ取引先をまねて行うよう取引先の場合、場所も結構良い場所を確保するケースが多く、都内の某有名ホテルの一室を貸し切ったりします。

こういった場合、会社では社長や取締役等が対応できればそれに越したことはないのでしょうけど、大抵は総務部部長さんなどが出席することになります。

また、場合によっては、上長の指示によって部下の人間が代わりに出席するような事もあります。そのようなばあいであってもしっかりと礼を尽くせば問題ないと判断されるケースが多いです。
  • 急きょ出席の場合
さて、あらかじめ部長の代わりに部下がといったケースであればそれほど問題ないのですが、急きょ上長の都合が悪くなってしまったためのピンチヒッターであるといった場合には、気を付けないといけないことがあります。

というのは、一応新年会パーティーと謳っていますので最低限のドレスコードを守る事です。最近では、男女を問わずオフィスカジュアルで勤務するケースもあるので、急きょ参加してもらう人には、そのようなドレスコートに気を付けてもらうといった事が欠かせません。(とはいえ、常識的な格好をしていればあまり失礼にあたるケースは想定できませんが)
  • 立食形式か宴会形式か
さて、このよう新年会ですが、立食パーティー形式になるケースと、ガッツリと宴会コースとなるケースなど様々なケースが考えられます。

とはいえ、いずれにしても取引先の人が回ってきて簡単なあいさつを交わし、ちょっとしたお話をするといった流れは同じですので、どのようなケースであっても、それほど気にする必要はありません。

但し、一つだけ心がけたいのは、あくまで会社の看板を背負ってその場に来ているといった事です。つまり、礼を失しない程度の振る舞いはマストであるという事です。

仕事の一環であることを頭の片隅に置いておけば、あまり大きなリスクは生じないと考えられますが、この点だけは注意して、せっかくの会ですので楽しむと良いと思われます。
 
こういった会を嫌がる人は多いのですが、仕事の一環として、飲食をしながら取引先と親睦を深められる機会ですし、あくまでお客様でいられますので肩の力を抜いて(とはいえリラックスし過ぎないように)楽しんでくると良い機会になります。


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 23:11│Comments(0)外部 

コメントする

名前
 
  絵文字