スポンサード

2015年09月09日

取引先への引っ越し祝い | 何気ない事ですが、報連相を適切に実施しチャンスに結び付けましょう

取引先の引っ越し祝い。新社屋になった、業務拡充のために現行の事務所が手狭になったなど、いろいろな理由で取引先が引っ越ししたと考えられます。

このような時には、タイミングがとても大切です。タイミングを逃しては元も子もありません。そのため、もし読者のみなさまがこのようなケースに直面した時には、詳しそうな人か上長にすかさず相談してみると良いと考えられます。

但し、仮に自らが担当している取引先だからと言って、自分の判断で何かを贈るのは基本的にNGです。というのは、あくまで取引先と自社は会社対会社のお付き合いだからです。

そのため、報連相という使い古された言葉ですが、上長に報告し相談するといった事が必要になるのです。
  • 会社としては
会社として組織で対応するような場合、おそらく総務部業務部といったいわゆるスタッフ部門の部署が対処してくれます。

こういった部署には、お付き合いの相場感といったとても重要なノウハウが蓄積されている事が多いですし、取引先との関係性や距離感に応じた対処を教えてくれるはずです。

なお、取引先との関係性や自社の規模によっては対応を一任されるケースもあります。しかし、報告したうえで一任されるのと、(一任されるであろうと判断して)なんら報告しなかった場合では会社から見たあなたへの心象が大きく異なるので注意が必要です。

一任されたとしても、誰かを巻き込んで一緒に贈るモノを選ぶとなおよいかもしれません。例えば、中小企業で経営者との距離が近いのであれば、思い切って社長の奥様に相談するというのも手です。

すると、次のよう
なエピソードになるかもしれませんよ。(ある新人さんのエピソードです。)

「取引先が引っ越しをするという事で、お祝いとして贈る品は自分で選んで良いということで任されました。
 
しかし、右も左も分からない新人でしたし、一体取引先という相手に何を贈って良いのか分からずしばらく悩んでいました。

そこで、そういったことに詳しそうな社長の奥様に相談いたしました。すると取引先はデザイン系とアートに関わるお仕事であるので、こちらもインパクトがあるものが良いとあり、その例えばに「サボテン」を提案されました。

早速調べてみますと、とても大きなサボテンが贈り物として販売される事を知り、それに決めましてお贈りしました。
 
その結果は、インパクトに驚きつつ、サボテンであればあまり世話がかからないと喜んでくれまして、それからの取引も上手くいきました。」

こんな風にうまく行くかどうかは別ですが、このエピソードで新人さんは、

①報告を適切に行った。
②さり気なく経営陣に影響力のある人へ接触した
③取引先に適切な贈り物をした

といった点で、非常に成果を上げたと考えられます。このように、取引先とのお付き合いは会社で生きる人にとってチャンスとなりうるので活用することが大切なのですね。

大切な会社のお付き合い


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 12:42│Comments(0)外部 

コメントする

名前
 
  絵文字