スポンサード

2015年09月09日

弔事のお付き合い | 会社でのお付き合いの場合、結構ドライに決めていきます(決まった後は心を込めてます)

弔事のお付き合いは非常に重要です。できる事ならばこのようなお付き合いは無い方が望ましいのですが、人間を相手にしている以上、どうしても一定の間隔で出てきてしまいます。

このような弔事の情報は、一般的には通常はがきなどが郵送されてくることで得る事となります。また、営業部との連絡を密に採って社内での情報共有がしっかりとされていれば、はがきが来る前に営業担当者経由で情報を入手することになります。
 
そういった情報を多くの場合は総務部の担当者が入手し、対応を実施します。
  • どこで発生したのか
・自社の関連会社の場合

例えば、弔事のお付き合いが必要な先が関係会社やグループ会社などの場合は総務部長が決裁をするケースがあります。(自社がもっと規模の小さな会社の場合社長自ら決裁します。)

決済の内容によっては、香典を出す、出さないといった事を決定したり、場合によっては葬儀の手伝いを総務部員さんなどにお願いする場合もあります。また、こちらから葬儀を手伝うと申し出るのではなく、電話で応援を請われることも稀にですが存在します。

また、関連会社などで発生した弔事ならば、受付業務を担うこともあります。

・取引先の場合

取引先の場合は各担当営業部長が香典の有無、自分で参列するか部下に持たせるかなどを判断します。こういう場合、付き合いを重んじる部長とそうでない部長とでは、年間の交際費に大きく差がでてきます。

また、基本的には営業部長決裁となりますが、自社にとっての重要な取引先については、社長の決裁となります。金額を含め、社長自らが足を運ぶか否か、通夜に行くのか告別式のみで済ませるのかも社長の判断となります。

そして、特に重要な取引先である場合は、通夜と告別式に社長と他に役員(取締役さんですね)が数名で赴くこともあります。
  • こういったお付き合いは 
会社でのこういったお付き合いはある意味、どの程度のお付き合いが続いている相手なのか、どのくらい利益をもたらしてくれる相手なのかというドライな判断でなされていきます。

もちろん、企業文化によってはそうではないケースもあるのですが、基本的にはお付き合いはドライなものとなります。

そして、会社によっては香典袋にもランクづけがなされており、使い分けているケースも多々あります。(もちろん、参列した際には心を込めた対応をするのが人の道というものですが)

大切な会社のお付き合い


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 05:30│Comments(0)外部 

コメントする

名前
 
  絵文字