スポンサード

2015年09月08日

昇進祝い | タイミングが重要であるのは言うまでもなく、お祝いするか、どれくらい包むかの判断も求められます

お付き合いのうちでも、昇進祝い。特に取引先の方へ対してのお付き合いとして、実施することはとても大切です。

取引先さんですからビジネスパートナーでありますし、貴重な発注者ともなりえますので、時機を外さずに速やかに昇進祝いをしていきたいものです。(つまり営業の一環としても重要という事です。)

このような業務は総務部さんが対応するようなケースも多く、総務部の方にお話を聴くと、「取引先への方の昇進祝いなど、社長と相談しながら出したりします。特に銀行の方の昇進には重要なので新聞を見てどの支店のどの方が昇進したか、一覧表にして、まずは社長に報告します。」といった業務を教えてくれたりします。

また、大きな会社になると、社長さんの決裁ではなく、総務部長が取引先への昇進祝いの判断をしたりします。
  • 誰にでも出すの?
とこのように書くと、「昇進したら誰であれ出していくのか?」といった疑問が生じてきます。これは、ケースバイケースですが基本的には、会社にとってのつきあいの深い方には昇進祝いを出す、あまり深くない方には出さないといった形で決めます。

疎遠な会社からいきなり昇進祝いが来ても、戸惑うだけですし、費用対効果の面でも、あまり付き合いの深くない方にお祝いをしたところで効果が薄いと判断されます。

また、昇進祝いを出すと決まった場合には、今度は金額が重要となります。支店長クラスとなれば、割と高額なお祝いになりますし、それ以外の職位の方にはそれなりの金額にしていきます。あまり場違いに高額でも気を使わせるだけの結果になってしまいますので。

また、職位だけではなく、会社の取引状況に応じても金額を分けていきます。こちらは仮に同じ銀行であったとしても、支店によって違いますので神経を使う必要が出てきます。

また、当然ですが、よくお仕事を受注する会社の方の昇進祝いは極力出していくといった配慮が必要です。(配慮というか営業戦術ですが。)
  • 祝電やお花にする場合も
さて、お祝いを出すと決まった場合でも、金銭的なものではなく、祝電やお花で対応するケースもあります。営業部とも協力関係を結びつつ社内で情報を適宜共有化し、遅れるといった失礼の内容に対応するようにする必要があります。

昇進祝いは昇進という相手にとって喜ばしいイベントに対応したお付き合いですので、総務担当者はこういった業務をタイムリーに行うといった事が求められるのですね。

なお、新しい社長が就任されたといった場合には極力、すぐにお祝いをもっていくといったフットワークの軽さも求められます。 

大切な会社のお付き合い


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 20:51│Comments(0)外部 

コメントする

名前
 
  絵文字