スポンサード

2015年08月15日

オンスケ | その報告本当に信じて大丈夫ですか?

オンスケとはオンスケジュールの略で、スケジュールどおりに物事が進捗していることを表す言葉です。と、スケジュール通りにと書きましたが、オンスケか否かは遅れているか否かを訊いているケースも多いため、前倒しで進んでいても、オンスケですと回答する場合があります。

このオンスケというのは、状態を示す言葉なので、本来は心構えや精神論といったモノを含まない言葉です。しかし、往々にして心構えや努力する精神を示す言葉に代わってしまう場合があります。

例えば、「あの件だけどオンスケだよね?」と言った言葉は、「オンスケで進捗するように犠牲を厭わず頑張っているよね?」といった訓示に近いニュアンスで用いられる事があるのです。

そもそもスケジュールに無理があったとか、人員体制に無理があったといった反省をしないと組織全体の能力は向上しないのですが、現場にガンバリを求めてその辺をうやむやにする(つまり考えることを放棄する)事が起こっています。

そのため、組織文化にもよりますが、オンスケでない場合は正直に○○といった問題があってオンスケではないですと報告できる世になればいいですね。(本来はオンスケでなくなる兆候が見えた段階で報連相するとよいのですが…)

カタカナ用語大全

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 09:06│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字