スポンサード

2015年07月23日

バッファ | バッファが命綱になっているような案件はやりたくないですよね

バッファとはバッファーともよばれ緩衝といった意味合いの言葉です。会社用語としてのバッファはこの緩衝といった意味に注目し、余裕とかいざという時の余力といった意味でつかわれます。英語ではbufferと表記されます。

さて、「バッファを見て先方とはこのスケジュールで握ります」などという会話を聞いたことがあるでしょうか?この会話の意味は、「(ある程度の余裕を見て)先方にはこのスケジュールを提示し、それで約束をします」といった意味合いになります。

どのような仕事であってもトラブルや予期せぬ手戻りはつきものです。そのような際に、何の余裕もないカツカツなスケジュールを組んでいたとしたら、どうにもならない危険性が出ててしまいます。

そのような状態を避けるためにある程度の余裕を見ておくことを「バッファを持って」と表現するのです。
  • IT用語として
もともとバッファはIT関係の用語で、一時的にデータを蓄えておく領域のことを指す言葉でした。どうして一時的にデータを蓄えないといけないのかについて説明を始めると、IT用語集になってしまうので詳しくは説明しませんが、IT関係の機器はその種類によって処理のスピードに大変な差があるため、そのままデータをやり取りすると処理が遅いほうがパンクしてしまう。そのため、いったんデータを蓄えておいてそれを徐々に処理するといった事が行われていました。

そして、そのデータを蓄える領域をバッファ領域と呼んでいたのです。

会社でもすごく仕事が早い上司からどんどん指示を受けていたらパンクしてしますよね?その為、いったん案件受付箱的なものを用意してそこに仕事をためておくといったイメージです。

そこから転じて、全体が円滑に進むように持つ余裕のことをバッファと呼ぶようになったのです。

なお、もともとIT屋さんの言葉なので、IT屋さんはかなり高齢の方でもこのバッファといった言葉は通じる傾向にあります。



スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 01:00│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字