スポンサード

2015年07月22日

ゼロベース | 一旦すべてのモノを白紙にして改めて考えるのです

ゼロベースとは、ゼロから、ゼロの状態から物事を検討しなおすことを指す言葉です。ゼロをベースに考えるといった意味合いなのですね。

と、ゼロベースと言いますが、なかなかゼロベースで考えるのは難しいのが現実です。どのようなことであれ、それなりの年月続いているような物事は、先人の英知を集めて動いています。

それを、本当にゼロベースで考えようとするのならば、先人たちが積み上げてきた英知といった資産を全く利用せずにゼロから考え直すといった事になるのです。

本当にゼロから論理を組みなおす場合、それは非常に手間ヒマがかかる事柄となり、多くの人は無意識にこの様な考え方を避けて、前例を元に『改良』するといった選択肢を採りがちです。

もっとも、ゼロベースで考えた結果、現行と同じ動きが最適解であったなどとなってしまうと、『車輪の再発明』的な感じで大きな無駄だけが生じてしまいますからね。
  • ゼロベースで考える
さて、少しばかりゼロベースに対して批判的な書き方をしましたが、ゼロベースで考えるといった事が非常に有効に機能することもあります。

このゼロベースで考えることによって常識や慣習を一旦白紙に戻して考えるので、非常に本質的な『革新』が生じることがあるのです。

とはいえ、何もかもをゼロベースで考えていたらどれだけ時間があっても足りませんので、メリハリをつけて、ゼロベースで考えるところ、前例を踏襲しながら改善を行う所にしっかりと切り分けて考えていく必要があります。

カタカナ用語大全

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 22:16│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字