スポンサード

2015年07月16日

デフォルト | ちゃんと説明しないと伝わらないのがデフォだから気を付けましょう

デフォルトとはデフォとも言われることがあり、初期値のことを示す言葉です。ビジネス用語集を作る場合は、「債務不履行」といった意味を採用するケースが多いと思われますが、会社用語的には初期値のほうがしっくりくると思ます。英語ではdefaultと表記されます。

というか、会社などの日常で、「それはデフォで」と使うような場合は、「それは初期値のままでいいよ」(つまり特別な設定とかしなくても)といった意味合いでつかわれるケースが多いと考えられます。日常会話で「うわー○○の債券がデフォルトしたー」(つまり○○社の社債などが債務不履行に陥ったといった意味です)などと使うのは金融業界くらいだと思いますので。

とはいえ、油断は禁物です。コンピュータにそれほどなじみのない人たちは、デフォルトといった言葉を「初期値」としてではなく「債務不履行」といった意味合いでとらえている場合がありますから。

こういった場合、打ち合わせなどで「では、その辺の仕様はデフォルトのままで行きます」などというと、「その辺が債務不履行ってどういうこと?やらないってこと?」といった風にとらえられかねませんから。この場合は、「では、そこの仕様は特に触らずに初期値のままにします。」と言えば誤解を生む危険性がなくなります。

受け手側がどのように受け止めるかに注意して、正確な意図を伝えられるように日本語での言い換えも身につけておきたいですね。

また、あなたが受けて側となった場合には、さりげなく「それって初期値を意味する言葉ですよね?」といった風にどういった意味合いでその言葉を使っているかを確認するとよいと思われます。

カタカナ用語大全



スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 07:51│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字