スポンサード

2015年07月12日

主幹 | 主幹といった肩書の人が偉いかどうかをあなたの主観で判断してはいけません

主幹とは仕事を中心的に実施する人を指す言葉で、組織によって偉さの位置づけに揺れがある職能資格です。

基本的には職能資格ですので、課長部長といった風に役職ではなく、「課長さんになれる(であろう)能力を持っていますよ」といった事を指す肩書になります。主事参事と同様の考え方ですね。 
  • 主幹の位置づけ
さて、この主幹といった肩書ですが、『幹』といった字が使われるわけですから、それなりに偉い場合もあります。おおむね主査と参事の間くらい。つまり、課長級の仕事を行える(であろう)能力を持っているとみなされる位置づけとなります。

そして、行政で使われることが多い肩書名なので、主幹というとそれなりに偉い人といったイメージになります。(行政の課長さんは結構偉い人なんですよ。)
  • とはいえ
と、 位置づけを無理やり書いてみましたが、組織によっては上の説明よりも非常に偉い場合もありますし、逆に係長クラスである場合もあります。

職能資格はあくまで組織内での能力お話なので、初めてその組織と仕事をするような場合には、戸惑ってしまうかもしれません。

いずれにしても、名刺に主幹と書いてあった場合、自社の組織に当てはめて判断するのではなく、それとなくでもよいので確認をするようにした方が良いと考えられますね。

職能資格の序列一覧




スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 22:10│Comments(0)職能資格 

コメントする

名前
 
  絵文字