スポンサード

2015年07月12日

スキーム | 枠組みと計画を合わせた概念となります

スキームとは枠組み+計画のことを指す言葉です。英語ではschemeと表記されます。そして、「スキームを構築する」などと使われます。

例えば、「事業スキームを構築する」などと偉い人が言っている場合、事業の枠組み+計画を立てるといった意味合いとなり、『枠組み』+『計画』なので、単なる計画よりも、しっかりとしたものになっている傾向があります。

また、企業が窮境に陥った際に「支援スキームを作る」と言った風に使われることもあります。このような場合、事業再生のための再生計画を立てる。そしてその計画に沿って金融機関や支援機関などがどのような体制で支援をするかまで含めての「支援スキーム」となるのです。

単なる計画ではなく、どういった枠組みで支援をするかまで踏み込んで考えているので『支援スキーム』などといった言葉を使うのですね。

(こういった計画には金融機関から債権整理してもらう(つまり踏み倒す)事も含めての計画となります。その為、金融機関の協力も必要となるのです。)

簡単なイメージで言い換えるならば。「計画を立てました。それは、こういった枠組みで進めていくものになります」といった感じで、詳細まで決まっているようなものであるという事ができるのです。

カタカナ用語大全

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:49│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字