スポンサード

2015年06月10日

アサイン | 中の人はこの記事を書く仕事にアサインされています

アサインとは割り当てる・任命するといった意味合いの言葉です。assignと表記されます。『割り当てる』といった意味合いで使われる場合、「このキーに(ボタンに)Aという機能をアサインしてあるから。」といった風に使われます。

この場合、「このボタンにAという機能を割り当ててある。」といった意味になります。機能を割り当てるといった意味そのものの使われ方なのですね。

また、ここから転じて人員を割り当てるといった意味合いでも使われることがあります。(というか、会社用語としてはこちらの使われ方のほうが多いかもしれません)

この場合、「Aさんはあのプロジェクトにアサインされるからよろしくね。」といった風に使われます。この場合、「Aさんはあのプロジェクトに参加する事になるからよろしくね」といった意味になります。(あのプロジェクトに人員としてあてがわれたといった感じですね。)

「この仕事はちょっと複雑だからベテランのエンジニアを2人アサインしてよ」といった風にも使われます。こちらの使われ方だと、より人員を割り当てるといったニュアンスが出てくると思います。

と、もともと割り当てるといった意味合いを持っているので、上長をアサインするなどといった使いかたは避けたほうが無難かもしれません、

部長を取引先への説明へ同行してもらうためにアサインした」などというとちょっと眉をしかめる人も出てくるかもしれません。

この場合「部長を取引先への説明へ同行してもらうようにお願いした」といった風に言い換えておくとよいと思います。

(最終的には属している組織の文化によってきますが、組織の文化を把握しきれないうちや、対外的に使う際はちょっと注意すればいらぬトラブルを避けることができます。)

カタカナ用語大全

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 08:11│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字