スポンサード

2015年06月07日

インセンティブ | 成果主義といった事を掲げる人がいるとセットで議論されるケースが多いです

インセンティブとは誘因の事を指す言葉です。『誘因』なんだか難しげな言葉が出てきましたね。これではワザワザ日本語で言うのではなくインセンティブと用いる人が多いのもなんとなく理解できるかもしれません。

しかし、この『誘因』という言葉もそんなに難しい考え方ではなく、「何らかの刺激を与えてやる気を出させるコト・モノ。」位の意味合いです。簡単に言うと、飴と鞭の飴の方を指す言葉なのですね。

さて、このインセンティブといった言葉はあちこちで使われています。例えば、「頑張ったらインセンティブを出すよ」(この場合のインセンティブとは何らかの金銭的な報酬を示唆しています)とか、「顧客に対してインセンティブを用意したから頑張って販売促進してくれたまえ」(この場合のインセンティブは、販売奨励金とか値引きが該当します)といった風に使われます。

斜に構えた言い方をすれば、「頑張ったら(主に)金銭的な報酬をあげるからヨロシクね」といったイメージなのです。

そのような意味合いの言葉なので、インセンティブといった言葉の方が露骨でないので好まれるのかもしれませんね。
  • 長期的なインセンティブとは
さて、このような文脈では「インセンティブとは短期的目的達成に対する刺激を表す使われ方をするのかな?」
と受け取る人もいると思います。

しかし、インセンティブといった言葉自体には期間の長短を表すニュアンスは込められてはおらず、長期的なインセンティブとして企業が上場した際に莫大な利益を得られるであろうストックオプション(株式を一定金額で購入する権利)を与えるといった事が行われています。

(まあ、これは優秀な人材に比較的低額な賃金、あまり望ましくない待遇で働いてもらう為に出世払い的な約束をするといった意味合いですが)

カタカナ用語大全

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 20:47│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字