スポンサード

2015年06月07日

オファー | 何故わざわざオファーと言うか疑問に感じたことがないですか?

オファーとは申し込み、提案などを示す言葉です。単語的にはofferという単語になります。「オファーが来た」とか「オファーする」といった風に使われることを聞いたことがあるかもしれませんね。

もともとは、申し込みといった意味合いを示す言葉で、一定の条件を定めたうえで相手に申し込むといった形で使われていました。

たとえば、「○○がほしいから10万円で○△工場へ配送をお願いします」といった申し込みを行うことをオファーというのです。

文字通り、申し込みですね。

ここから、FXなどの金融商品の取引で売り方が提示してくる売値といった意味でつかわれたり、転職業界では、採用した場合の雇用条件(年収や待遇、勤務地)などを示す言葉となっています。

また、アフィリエイト業界では「無料オファーアフィリエイト」などと呼ばれ、「お得(と思われるような)な情報を提示し、それを読むためにはメールアドレスの入力が必要です。」などといったメッセージを見込み顧客に送付し、メールアドレスを集めるといったモノです。

このように、『申し込み』、『提案』といった言葉を様々な条件に当てはめて使用される言葉なのですね。

その為、オファーなどと言わずに、文脈に合わせて『提案する』とか『条件を提示する』といった風に言い換えることが可能です。

みなさまの所属している組織の文化にもよりますが、あまりカタカナ用語を使わないような文化の組織ならば言い換えておいた方が無難ですね。

カタカナ用語大全 

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 11:43│Comments(0)カタカナ用語 

コメントする

名前
 
  絵文字