スポンサード

2015年05月25日

CKO | 知識の活用こそが企業の競争力の源泉です

CKOとはChief Knowledge Officer(チーフナレッジオフィサー)の頭文字を取った肩書で、最高知識責任者などと訳される役職です。

CEOCFOなどと比較すると知名度の点で決定的に知られてない感じがしますが、企業内部の知識を司るといった非常に重い立場の人となっています。

知識が企業の競争力の源泉であるといった考え方は今日ではだいぶ受け入れられてきましたが、その知識を司る為の責任者を設けようといった発想から設置される役職です。そのため、このCKOは役員クラスの偉い人が持つ肩書とされています。 

というのも、知識を司るなどといった非常に大きな権限が与えられそうな肩書なので、(何といっても最高、責任者といった非常に強い言葉が使われていますからね)やはり社内でそれなりの能力や権威を持った人物が担当すべきなのです。
  • と言っても
とはいえ、このCKOは法律上の取締役に該当するといった事はありません。その為、本質的には会社内で呼び合っている肩書きにすぎないのです。

しかし、上述した通り『最高知識責任者』ですから、取引先でそういった肩書の人が登場したり、(転職や就職で)組織に入りたてでよく分からない状態の時に、CKOなる人が出てきたら「ああ、この人は偉い人なんだぁ」と考えて接しておけば大丈夫です。

一応、海外では単なる役員ではなく、副社長クラスの上級役員がこの役職に就くことが多いとされています。それほどまでに、知識が競争力の源泉であると考えられているのですね。
  • 情報の活用
さて、あなたの会社の営業部には非常に有用なノウハウや知識を持っているとします。しかしそのような知識は営業部の中の第三営業課のみでしか活用されていないとします。

このような状態では、そのノウハウや知識は会社の財産ではなく、第三営業課の財産でしかありません。

その為、このような価値あるノウハウや知識を全社的に共有し企業価値の向上に役立たせていくといった事が必要となるのです。

もちろん、第三営業課の課長さんにとっては、自分たちの持っているノウハウや知識をいくら会社のためといった大義名分があるにしろ放出するわけですから非常に抵抗感があると考えられます。

(というか、自部署内で知識やノウハウを独占し、またその事実を伏せておきながら自部署だけが高い業績を享受するといった態度が組織内での最適な立ち回りであるケースは多いです。

特に実力主義の名の下に業績評価を行うような組織においては、高い業績を上げる根本のノウハウは生命線となります。この視点に立つとき、そのようなノウハウがある事を悟らせてはならないのです。

そして、そのような知識やノウハウが自部署内にあると、社内に気づかせてしまった第三営業課の課長さんにとって、ノウハウの公開以外の選択肢はありません。抵抗するだけ社内での立場が悪くなりますからね。)

そのため、CKOはこのようなノウハウを積極的に公開する誘因を作るであったり、そのような企業文化を醸成することも仕事のうちなのです。

外来語の肩書

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 23:11│Comments(0)役職序列 

コメントする

名前
 
  絵文字