スポンサード

2015年04月09日

聞きなれないかもしれない肩書 | 略称で言われている肩書きにもいろいろあります

日本語での会長常務といった肩書はある程度なじみがあると思いますが、世の中にはこういった聞きなれた肩書の枠に収まらない人たちがいます。

例えば名刺交換をした際に、CEOという肩書を付けている人がいたとします。さすがに有名な肩書なのでご存知の方も多いと思いますが、「ちーふえぐぜぐてぃぶおふぃさー?なにそれ美味しいの?」といった風に感じる人もいると思います。

このように、世の中には聞きなれない肩書を付けた人がたくさんおります。

従来であれば社長や専務、常務といった聞きなれた人たちの偉い順について気にすればよかったものが、こういった聞きなれない肩書にも配慮しなければならない時代となったのです。
  • 偉い人の肩書を並べてみました
それでは、略称で言われている肩書きを偉い順に並べてみました。

CEO 執行役員(執行役員のうちでも筆頭者・責任者)

CFO COO 執行役員(CFOは財務の責任者、COOは業務の責任者)

CKO CHO 知識やノウハウ担当役員とか人事担当役員

============
役員級の壁(上記役職は我が国では法律上の役員ではありません)
============

部長

こんなイメージとなります。もちろん厳密なものではありませんがC○○のCはChiefの頭文字をとったものとなる為、その業務を担当するのではなく、司るといったイメージになるのです。

そのため、単に人事部長や経理部長といった風にその業務を統括するといっただけではなく、経営の視点から戦略的に仕事を進めていく地位になるのです。

とはいえ、別に取締役執行役のように会社法上で決まっている役職ではないため、このような肩書がついているからと言って本当に権限を持っているかどうかは別のお話になります。

まあ、結局は肩書ではなく人を判断しなければならないというお話になってしまうのですが、それを言い出したら会社用語マニュアルの意味が無くなってしまうので一般的な偉さの順番を示してみました。


 

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 22:41│Comments(0)役職序列 

コメントする

名前
 
  絵文字