スポンサード

2015年04月08日

転籍 | 似た言葉に出向や配置転換がありますが、大違いです

転籍とは、転籍元の会社の雇用契約を終了させ、転籍側の企業で新たに雇用契約を結ぶといったモノになります。

すごく端的に説明すると、会社都合による転職といったイメージになるでしょうか。

似た言葉として配置転換出向がありますが、この転籍はこれらの言葉とは根本的に異なっています。

例えば、配置転換は元の会社に籍を置いたまま、別の部署に行きますが、指揮命令系統は元の会社の中に置かれます。

これに対し出向は、元の会社に籍を置いたまま、別会社の指揮命令系統に組み込まれるものです。

いずれにしても、元の会社の従業員であることに違いがないというのがポイントです。

しかし、転籍となると、元の会社から別会社に籍も移るのです。これを端的に説明して、上の方で会社都合による転職であるといったのです。
  • いろいろ変わります
さて、この転籍ですが、元の会社との雇用関係を解消するモノですので、働く人にとっては大きく色々なことが変化します。

場合によっては待遇も大きく引き下げられるでしょうし(一般的に言ってグループの子会社に転籍するように言われたりするので待遇は下がる可能性が高いです)、場合によっては退職金の算定等にもかかわってくる可能性もあります。

このように、非常に従業員にとって影響が大きいものであるため、従業員が転籍するためには、転籍元、転籍後の会社間の合意のみならず、従業員個人の同意も必要となります。

勝手に転職させるのは、さすがに人事権の行使の範囲を超えていると考えられるのでしょう。また、出向ならば籍が自社のままですので、いずれは戻ってくるのが前提であると考えられるのですが、転籍になると文字通り片道切符である可能性が高いのでその辺も配慮されているのでしょう。

しかし、同意が必要であると言っても、断ることはかなり難しいのが現状だと思います。転籍を断った事を理由に解雇することは難しいといわれていますが、そうはいっても理由など、どうにでもなるというのが現実ですから。

もしあなたが転籍命令を出されて、それに同意したくない場合は、会社と争う争わないは別としても、専門家に相談するという手段があるという事だけは覚えておいてくださいね。

人事で言われる言葉あれこれ

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:27│Comments(0)異動 

コメントする

名前
 
  絵文字