スポンサード

2015年03月10日

給与規定 | お給料について定めた文書ですが、見ておくと将来についてイメージできます

給与規定とは、お給料について定めた文書の事です。そのままで、工夫のない定義ですが、お給料について定めた文書としか言いようがないのでそのように説明します。

さて、そのお給料について書いた文書ですが、自社の給与規定を見たことがありますか?タイトルでも書きましたが、見ておくとなんとなく将来がイメージできます。

つまり、どのようにお給料が決まるのか、そして将来的にその水準はどうなっていくのかについて見ていくことができるのです。
  • 給与規定には
さて、給与規定には、どうやってお給料を決定しそれを支払うのか。また、いつお給料を締め切って、いつ支払うのか、昇給はどうなるのかといった事を定める必要があります。

こういった定める必要があるというものは、絶対的記載事項とよばれ、定めておかないとその規定自体が無効となるといったモノです。(定款就業規則にもそういった絶対的記載事項がありましたよね?)

また、通常のお給料は、基本給や諸手当といった基準内賃金と、時間外・休日・深夜の割増賃金といった基準外賃金に分けられます。

このうち、基準内賃金に関係してくるのが、いわゆる職能資格制度職位が該当していくのです。

いずれにしても、このような大切な情報がかかれている文書ですから、一度目を通されると良いと思います。
  • 社長さんにとっては
さて、雇われて働く側の人ではなく社長さんにとっても給与規定を定めておくと色々便利です。というのは、従業員の賃金を改定する際には個別に賃金水準について説明するのではなく、「給与規定に書いてあるとおりだからね」と簡単に説明することができます。

また、求人をする際にも、大体の処遇の目安を示すことができます。(この人はこのような経歴でやってきた人だからウチの社内的には…)といった風に考えられますからね。

また、従業員さんに将来の展望を示すことができますので、従業員の定着率改善にもつながると考えられます。

このように、社長さんにとっても、給与規定を定めておくと便利なんですね。

会社のルールブック集

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 22:30│Comments(0)社内規定 

コメントする

名前
 
  絵文字