スポンサード

2015年03月08日

主事、副主事、4級職、3級職、J職 | 現場のリーダーはベテラン皆に求められる仕事です

主事とは、職能資格制度として運用される際には、その企業の管理職となれる程度の能力を持っている(とされる)人に与えられる職能資格の事となります。

一例では、「上長の指示を適切に執行することができ、また、自らの後輩や部下を指導することができる」といった感じの能力を持っていると定義されるのです。(定義の仕方やどういった能力が必要かは制度を運用する各社によって違いますので上記例はあくまで一例です。)
 
一般の従業員とは一線を画しており、管理職的な仕事を行える人といった位置づけとなります。その為、具体的な職位では係長主任といった、現場のリーダーだけれども、完全に管理職ではないといった職位の仕事を実施できる能力がある人達に与えられる職能となります。

なお、副主事は副と付くように、主事に準じる能力を持っている人に与えられる職能になります。
  • ここまでは…
と、色々書きましたが、一般的な会社の場合、この主事といった職能までは自動的に上がるものです。そのため、本当に能力があるかどうかというよりも、単に数年たって後輩ができてくればこのような職能となってきます。

逆に言うと、働いて数年たつと、そういった役割が求められるというわけなのですね。

職能資格の序列一覧
 

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:19│Comments(0)職能資格 

コメントする

名前
 
  絵文字