スポンサード

2015年03月08日

参事、副参事、7級職、6級職、S職 | 職能の最上位レベルの一つ下です

参事とは、職能資格制度として運用される際には、その企業の管理職となれる程度の能力を持っている(とされる)人に与えられる職能資格の事となります。

一例では、「経営層の意思を、適切に執行することができる、または自身の部下を管理し、経営層の意思を適切に執行させることができる」といった感じの能力を持っていると定義されるのです。(定義の仕方やどういった能力が必要かは制度を運用する各社によって違いますので上記例はあくまで一例です。)

管理職となれる程度の能力を持っているとされるわけですから、いわゆる部長さんや課長さんになれるレベルの職能となります。

そして、副参事さんは副と付くようにこの参事に準じる能力を持っている人がなることができる職能資格であるという事ができます。

同様の水準の職能資格としては6級職、5級職、S職といったモノがあります。但し、こちらについては、企業によって職能資格の名称は異なりますし、段階も異なりますので(要するに各企業が勝手に決めているという事です)A社の参事とB社の参事が同様の能力を持っている(とされているか)については、はっきりとは分かりません。

まあ、参事と言えば、それなりに偉い人と思っておけば間違いないと思います。
  • 一応管理職級としています
とはいえ、参事さんや6級職といった人については企業内では中堅に当たりますし、部長や課長といった管理職、いわゆるミドルマネジメントを担う人たちが位置づけられます。

というのは、参事という職能資格を用いているような企業では、その下に主事が、6級職といった職能資格を用いている場合、3級職といった職能資格があるはずだからです。

そして、これらの人たちがロワーマネジメントになるとすると、参事さんはやはり管理職級であるという事ができるのです。

(あくまで相対的に言っているだけですけどね。)

職能資格の序列一覧



スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:00│Comments(0)職能資格 

コメントする

名前
 
  絵文字