スポンサード

2015年03月08日

減給 | 言うほど沢山お給料を減らすことはできないのです

減給とは、その名の通りお給料を減らすという事を言います。懲戒処分で行われる場合、出勤停止降格といった実際に金銭的な面で収入が減る事となる他の罰よりは軽いけれども、けん責や戒告といった怒られるだけの罰よりは重いといった位置づけとなります。

「そうはいってもかなり減給されるんでしょ?こち亀の両さんなんかは減給処分で逆にお金を払っていると言われてましたし…」という風に考える方もいるかもしれません。

しかし、法律に則って行われる減給処分はそこまで重い処分を行う事はできません。というか、労働者の生活を脅かすレベルの罰を許容していたら、労働者を守るといった理念を持っている労働基準法として「それってどうなの?」と言われてしまいますからね。
  • どれだけの処分になるの
最も重い処分について例を挙げてみます。この例を見ていただければ、思ったほどきついお仕置きにはならないという事がわかってもらえると思います。

まず、一日当たり10,000円、月に直すと200,000円のお給料をもらっている人がいるとします。

この人に対してできる最大の減給処分は、

一回当たりの額の上限 →平均賃金の一日分の半額

総額の上限→賃金総額の十分の一

つまりこの人は、一回当たりの減給処分の上限は5,000円。総額で20,000円以上は減給されないという事です。

どうでしょうか?意外と軽いと思いますか?

でも、このような減給処分を受けるという事は、会社側としては「言ってもわからないなら…」とか「言葉だけではなく実際に罰を…」という風に考えているという事になります。

いずれにしても、この段階で行動をあらためなければ出勤停止、降格、そしてひいては諭旨退職懲戒解雇につながってきてしまうのです。

懲戒処分あれこれ

スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 19:42│Comments(0)社内規定 

コメントする

名前
 
  絵文字