スポンサード

2015年02月24日

執行役員 | 会社が独自に決めている役職です

執行役員とは、取締役等が決定した事項について実際に業務を執行する人が該当します。(業務を)執行する人といった意味合いなのですね。

と、先ほどはあえて、『業務を執行する役員』とは書きませんでした。というのは、執行役員は役員ではないからです。「どういう事?」と疑問を持たれる方も多いですよね?
  • 役員とは法律で決まっています
それでは役員とはどのような人たちを指すのでしょうか?会社法では、取締役会計参与監査役を指しており、執行役まで含めて役員とされています。

という事は、ココにあげられていない執行役員は部長係長といった法律上の役員ではない人たちと同様であると考えらられるのです。

役員と付いているけれども役員ではない。いまいちわかりにくいですが、そういう事です。
  • 仕事は
さて、そうはいっても役員と付いているわけですからかなり上級の管理職であるという事はできます。具体的には、取締役の下で(指揮命令を受けて)会社の重要な業務を実際に執行するといった役割が与えられています。

このような人たちがいれば、取締役は日常の業務執行を執行役員に任せて、自らは会社の重要な意思決定に集中することができるというわけです。(執行役を置く場合も同じですが、執行役を置こうと思うと、会社の機関設計上、会計監査人を置くことが必須となるため大変なのです。)

(執行役を置くためには委員会設置会社になる必要があり、委員会設置会社は会計監査人が必置機関です。)

と、色々ややこしい説明ですが、執行役は法律で決まっている役職、執行役員は任意に置かれている役職であると考えていただければ大丈夫です。

法律上の偉い人


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:48│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字