スポンサード

2015年02月20日

執行役 | 執行役員とは根本的に異なります

執行役とは、会社法に根拠がある役職の一つで、役員であるとされています。会社法に根拠がある、役員であるといった点で非常に似た言葉の『執行役員』とは本質的に異なった役職です。

執行役は、会社の業務の執行をすることが主な任務となります。それなので『執行』役なのですね。
  • 執行役を設置したい場合は委員会設置会社になる必要がある
この執行役ですが、もし設置された場合には通常の会社のイメージと少し異なる運用がなされてきます。その事から少し難しいイメージがあるのですが、整理して行きたいと思います。

まず、執行役を置こうと考えた場合、『委員会』といったモノを設置する必要が出てきます。これは、必須の要件なので、逆から言えば、委員会設置会社(委員会を設置した会社をこういう風に言います)でなければ執行役は存在しえないのです。

そして、どんな委員会でもいいかというとそういうわけではなく、以下の3つの委員会を置くとされています。

すなわち

1.指名委員会
2.監査委員会(委員会設置会社は監査役を設置することができないので、監査委員会を設置するのです)
3.報酬員会

の3つです。(この辺は執行役の説明とはあまり関係ないので、本稿ではこの辺で終わりにします)
  • 執行役の任命
さて、「委員会設置会社しか執行役を設置できないのは分かったけど、誰が執行役を任命するの?」といった疑問が出てくるかと思います。

この執行役の任命方法も役員としては特殊で、執行役は取締役会で任命されるのです。 そして、取締役会で決定された事項を執行役が行う(執行する)のです。

この執行役が選任されるような場合、取締役会は意思決定のみに専念し、執行役が決まったことを行うといった形になります。

図に書くと

○=意思決定
△=業務の執行

とした際に、
  • 委員会を設置していない会社
取締役会→○△(意思決定も業務の執行も行う)
  • 委員会設置会社
取締役会→○(意思決定だけ)
執行役→△(業務の執行だけ)

といった風に権限が分けられるのです。

法律上の偉い人


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:27│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字