スポンサード

2015年02月15日

割印

割印とは、関連する一連の文書にまたがって印を押し、それらの文書が相互に関係しているものを示すために押す印に当たります。

契約書を正副で二枚作ったとします。そのような場合にそれらの書類が相互に関連している事を示しておく必要があります。

割印はそのような際に、押しておけば一体の書類であると示すことができるのです。
  • どうやってやるの
さて、割印ですが、書類を二枚重ね、上に重ねたほうの書類を少しずらして印鑑を押すのです。

すると、後で重ねてみれば一体の書類であることが判るのです。

なお、割印で用いる印鑑はどのようなモノでも構いません。あくまで書類の関連性を示すための印鑑ですので。そのため、別に代表者印を用いなくても良いのですね。


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 09:38│Comments(0)印鑑 

コメントする

名前
 
  絵文字