スポンサード

2015年02月14日

捨て印 | 安易に押すと大変ですよ

捨て印とは、契約書等の欄外にあらかじめ捺印しておき、契約書等に軽微な修正があるような場合において、「簡単な内容なら修正してもいいよ」との意思を表示し、実際に修正する際に用いる印鑑のことを言います。

本来ならば、契約書等の文言に訂正がある場合、訂正のある部分に対して二重線で抹消し、その上に訂正印を押印し文言の修正を行うといった流れで修正をします。

しかし、そのようなことをやるとなると、どのような内容であれ修正が発生するたびに当事者が押印するといった手間が発生してしまい、あまりに煩雑です。

(例えば、あなたが銀行で口座を開設しようとした際に、住所の表記が誤っている等で何度も銀行に行って押印するのではめんどうですよね?)

そのため、あらかじめ捨て印を押しておき、「軽微な修正は行っていいですよ。」といった意思表示をするのです。
  • とはいえ
とはいえ、どこまで修正ができるかはケースバイケースとなります。例えば、さすがに契約金額の修正は認められないとされているのですが、問題が発生した際にそれを判断するのは裁判所となります。

また、捨て印を用いての文言修正は、「○○字抹消」あるいは「○字挿入」と捨て印の箇所に記入して行います。このような形式を採ることからも、捨て印はどこかの文字の修正に限定していないことが判りますよね。

そのため、安易に捨て印を押印しないといった心構えは非常に大切なのですね。

会社の印鑑あれこれ    


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:41│Comments(0)印鑑 

コメントする

名前
 
  絵文字