スポンサード

2015年02月14日

ゴム印 | ゴムでできていて、会社の色んな情報が書かれています

ゴム印とは、ゴムの板に会社名、住所、代表者名、電話番号等が彫られているものであり、ワザワザ手書きでそれらのモノを書かなくて済むため、非常に便利に使えるハンコであるという事ができます。

例えば、小切手を切る際にゴム印を使用すれば、署名する手間が省けますし、手形や小切手の裏書の際にも使えますので非常に使い勝手の良いハンコであるという事ができます。

また、ゴム印はあくまで印刷のようなイメージとなりますので(誰でも同じ内容を押すことができるので)契約書等で正式に効果を発揮させるためには、ゴム印で住所や電話番号、会社名、代表者名を押した上にさらに通常の印鑑を押印する必要が出てきます。

(当事者同士の合意で契約自体は成立するのですが、後でトラブった際には、印鑑が押されていない場合には、本当に当事者の意思がそこにあるのかが問われてしまうのでトラブル防止の意味でも、通常の印鑑を押す必要があるのですね。)

なお、「赤い印鑑を押してください。」などと言われることがあるかもしれませんが、赤い印鑑とは代表者印や銀行印、角印等を押印する際には赤い朱肉を使うので、赤い印鑑と呼ばれることがあるのです。

(赤い印影のことですね)

会社の印鑑あれこれ   


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 06:49│Comments(0)印鑑 

コメントする

名前
 
  絵文字