スポンサード

2015年02月13日

代表者印 | 会社の実印ですのでしっかり管理しないと大変です

代表印は、個人で言う所の実印にあたるもので、勝手に「これがウチの代表印だから…」といった風に言った所で効果はなく、しっかりと法務局に届け出をする必要があります。
この種の印鑑は非常に厳密に管理しておく必要があります。というのは、お金の貸し借りや重大な財産に関する取引等、会社の命運を左右するような大きな取引を実行する際に押印するような印鑑だからです。

そのため、この種の印鑑を使用する際には、熟考したうえで初めて使うといった慎重さが必要となるのです。

そういった意味で、印鑑登録した代表者印一つでも会社を運営することは可能ではあるのですが、銀行員や角印といった別の印鑑を用意する事が必要であると考えられるのです。
  • 様式面
さて、代表者印は通常丸型の印鑑が用いられます。イメージとしては、二重丸のイメージで、外枠に『会社名』、内側には『代表取締役之印』といった文言が彫られる事になります。

例えば、本サイトが株式会社であったような場合『会社用語マニュアル』といった会社名が外枠に、その内側に『代表取締役之印』といった文字が彫られることになります。

また、大きさにも制限があり(これは登記上をする際の制限です)一辺の長さが1センチから3センチの間の大きさにする必要があります。

なお、よく印鑑を押される方は、印鑑には上下を示す印が付いている事が多いのを知っていると思います。

しかし、代表者印については上下を示す印がついていないケース(中の人もそのような印鑑を使った事があります)があります。

「なんだか、不便だなぁ」などと思ったものですが、あえて簡単に押せないようになっている。慎重に押してほしいとの願いがこもっているとのお話を聴いて、自分の浅はかさに気づいたことがあります。


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 22:04│Comments(0)印鑑 

コメントする

名前
 
  絵文字