スポンサード

2015年02月13日

係長 | 係長は管理職のはじめの一歩です

係長とは、係を管理する役職となります。部>課>係といった順に組織の規模は小さくなり、係長とは現場の管理者といった位置づけとなります。

そのため、課長部長が管理職といった風に明確に会社側の人間で、管理業務に重点を置くのに対し、係長は現場の管理職。あくまでプレーヤーとしての立場であるといった違いがあるのです。

また、係長は組織のなかで管理だけではなく、現場の仕事を遂行することも求められます。プレーイングマネージャーといった言葉がありますが、まさに係長はそういった役割を求められているのです。
  • 現場のリーダー
さて、プレーイングマネージャーですから仕事も人一倍こなし、更に部下の面倒を見るといった現場のリーダー的な役割を求められるのが係長という仕事になります。

その為、管理スキルだけではなく実際に行っている現場レベルでの業務にも精通していなければなりません。

そういった意味で、難易度の高い仕事であるという事ができるのです。


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 20:11│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字