スポンサード

2015年02月13日

次長 | 部長の次に位置付けられるのです

次長とは、○○部にて部長に次ぐ位置づけとなる人の事を指す肩書です。次(つぎ)の長といった感じでイメージしておくとよいと思います。

正式には○○部次長となるので、そのような場合には、部長の次席に位置づけられるのです。例えば、経理部次長といった感じだと、完全に部長の次に位置づけられそうですよね。

そして、部長に次ぐ位置づけとなるので、課長の上位に位置づけられます。

課長は課を直接率いているのに対して、次長は部長の次席ですから部全体の管理業務や部長が不在の時の代理業務を行う事となります。

但し、若い人が抜擢されて実質的に部長の仕事をさせるような場合には、「あいつに部長をさせるのはまだ早い…」といった社内の声に対応するため、次長職とし、部長を空位にするといったテクニックも用いられます。

そうすると、肩書上は部長よりも低いままなので、無用な社内の軋轢を防げるというわけです。

会社の肩書(偉い順に紹介します)


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 06:47│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字