スポンサード

2015年02月12日

常務 | 専務・常務。将棋で言うと金将と銀将といった社長の側に控える偉い人です

常務とは、社長を補佐して会社の日常的、ある程度個別的な業務を担当する人のことを言います。常務取締役といったふうに取締役といった言葉が付くケースが多く、一般的にはいわゆる役員に該当します。

さて、「常務と専務どっちが偉いの?」といった疑問は会社組織にあまり縁のない人が良く抱く疑問点であると思います。

ココですっきりと解決していきたいと思います。

ズバリ、偉いのは【専務】>【常務】といった順番となります。

専務は会社全体の事を見る役職なのに対して、常務は特定の業務を見るといった感じとなります。専務の方が一段視点が高いのですね。

それなので、販売業務で叩き上げてきた常務や営業一筋の常務、人事のスペシャリストの常務といった風に何人もの常務がいるケースがあります。

しかし、専務はどちらかというと、そのように特定の職能に紐づかず、会社全体を見るといった立ち位置をとるのです。

会社の肩書(偉い順に紹介します)  


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:45│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字