スポンサード

2015年02月12日

専務 | 役員さんと言えば専務。といったくらいメジャーな役員さんの肩書です

専務とは、社長を補佐して会社全般の管理業務を担当する人のことを言います。専務ときたら専務取締役と付くケースが多いように、基本的に取締役、つまり役員さんになります。

さて、専務と言えば常務といった風に、よく常務と専務の上下関係が分からないといった声を聴くことがあります。

一般的には【専務】>【常務】といった順番となります。

イメージとしては、専務は社長の右腕、懐刀といった所で、社長を補佐し、会社全般の業務を行い社長の意思決定を支えるといった感じとなります。

これに対して常務は、会社全般の業務ではなく特定の業務をもっぱらとりしきる事によって社長を補佐するといった感じです。

専務というとよく聴く名前ですが、実際に何をしているかは会社によってまちまちになります。専務だからと言って○○をしなければならないといった取り決めはないですし、本当に小さな会社では実働している役員は社長のみで、後の役員はすべて名誉職になっているといったケースもあり得るのです。

こういった事が起こるのは、専務という名前が会社法等の法律で決まっている役職ではなく、会社が独自に付与している肩書だからなのです。

会社の肩書(偉い順に紹介します) 


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:44│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字