スポンサード

2015年02月12日

副社長 | 副と付くとよく分からないけれども、社長に次ぐといった位置づけになります

副社長とは、社長を補佐する人が就く役職です。英語ではvice-presidentと表記されます。

一般的な副といった言葉の意味合いの通り、社長に準じる役職であるという事ができます。専務より偉くて、社長よりは偉くないといった位置づけになるのが一般的です。

ただし、社長や副社長といった肩書はあくまで企業内部の肩書なので、対外的には取締役、代表取締役といった肩書の方が重要となります。

また、副社長にも代表権を付け、代表取締役社長、代表取締役副社長といったふうに、代表権を持った人を2人置くケースもあります。

このようなケースでは、社長に準じるというか社長が二人いると紛らわしいから便宜的に片方に『副』といった言葉を付けたような印象になってきます。

会社の肩書(偉い順に紹介します) 


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:44│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字