スポンサード

2015年02月12日

会長 | 会長は社長が退いた後になるケースが多いですが、公式に社長より偉いかどうかは場合によります

会長とは、その会を統括する役職のことを指します。例えば、○○会といった会では通常は一番偉くなります。

しかし、会社のような組織の場合、社長が第一線を退いたのちに名誉職として会長になることもあります。

そのため、隠然たる影響力を持ってはいますが公式に一番偉いとは言えないといった所に注意が必要です。

例えば、代表取締役社長が他にいる場合、あくまで会社を代表しているのは社長であって、公的には会長は名誉職となるのです。

この場合、会長は対外的には会社を代表していないので、会社を代表して行う行為は代表者名で行われます。

(代表取締役)と付くのが法的に会社を代表する役職となります。通常は代表取締役社長と続くので、社長が会社を代表するというわけですね。

もっとも、代表取締役会長となるケースも考えられますので注意が必要です。

会社の肩書(偉い順に紹介します)   


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:41│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字