スポンサード

2015年02月12日

顧問 | 顧問といえば名誉職もしくは専門家が外部の顧問となっているケースがあります

顧問とは、権限は特に持っていませんが、その見識を買われて置かれる役職となります。
 
そのため、なかなか判断できないような事柄が発生したような場合に、決定権はないものの、意見を求められるような存在となります。

また、税理士さんや弁護士さん、中小企業診断士さんなどが外部の専門家として顧問になっている場合もあります。

この場合はまさに、権限はないけれども見識を買われて置かれている役職といった説明通りの立ち位置になります。

とくに、弁護士さんなどは何か問題が発生した際に、会社を守る、また問題が発生しないように会社を守るといった会社の守護者的な役割を担います。

このように、外部から招く顧問は、もともとの職種に応じて専門的な知見を企業にもたらすといった効果があるのです。(その分、報酬も発生しますが) 

但し、企業内部で役員などを歴任してきた人が名誉職的に顧問として企業に残る場合もあります。役員を歴任してきた人の持っている人脈・知見を経営に活かすため、残ってもらうといったイメージですね。

何といっても、経験に勝る知恵はない(と期待されている)訳ですから、実際に自社のかじ取りをしてきた人が残っているというのは心強いものなのです。 

このような場合は、権限は持っていませんが社内に依然として強い影響力を持っていたりしますので注意が必要です。

会社の肩書(偉い順に紹介します)  


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:40│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字