スポンサード

2015年02月12日

相談役 | 偉さを見抜いて生き延びろ 相談役という名誉職

相談役とは、法的に特に定めれられている役職ではありません。そのため、会社を代表して何かをするといった役職ではないのが通常です。また、相談役を置くか否かも自由に会社が決める事となります。

相談役とは、取締役などのいわゆる役員さんが相談するような人といったイメージになると思います。

と、ここまでの説明では「なんだ、たいして偉くないんだな…」と思ってしまうかもしれませんが、一般論としては大間違いです。

例えば、創業者社長が会長に退き、その後相談役に就任するなど、非常に偉い人が相談役に就いているケースも多々あるのです。役員さんの相談にのる立場であるわけですから、それなりのキャリアを持っていないと困るのですね。

そのような場合、公的に権限はないかもしれませんが、社内での発言力は絶大なものがあり、社長や会長を上回っている場合も多いのです。

そのため、「相談役」だからと言って侮った態度をしたりすると後々非常にマズイ事になりかねません。(まあ、大人として他人を侮るような態度をとること自体がまずいですけどね。)

また、取締役や代表取締役といった肩書が相談役の上についているケースもあります。このような場合、いわゆる会社の役員さんですので、公的にも偉い人となります。

会社の肩書(偉い順に紹介します) 


スポンサード あなたの羅針盤になる事業計画を一緒に作成します 経験豊富な中小企業診断士がプロの事業計画を一緒に作成
keieimanga at 21:39│Comments(0)役職 

コメントする

名前
 
  絵文字